狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

獲ったどー!

推定体重60kgのオスイノシシを獲りました!

DCIM0157.jpg

後ろ足を括っていますね。

仕掛ける位置が、少し手前だったようです。

穴の位置がずれているとこんな場所を括ってしまいます。

DCIM0158.jpg

穴には約12cmの塩ビ管を入れていますから、少し大きな足で位置がずれると後爪が邪魔して穴の中に足がすっぽりと入りませんからね。

ま、獲れたからいいんですけど。


ここ数日は、最低気温こそ-1℃くらいと低いですが日中は風も無く最高気温が10度近くあるので、そろそろイノシシが動き始めるのではないかと思っていました。

今年の猟期は、大きなイノシシの足目があまり見えなくて、獲れるイノシシは、お手頃サイズで小さ目のものばかり。

久々に、成獣と言える大きさのものです。

でも、牙は短くて3~4歳くらいのようです。

真っ白な脂を蓄えた美味しそうなやつですわ。

この気候なら、明日も獲れるかもわかりませんが、捌きが面倒なので7日から10日くらいの間隔は欲しいですね。と、またまた贅沢なことを言っております(笑)


スポンサーサイト

コメント

ふむふむ

イノシシって牙の大きさで年齢がわかるんですね。ちなみに美味しい理想の個体は何キログラムぐらいですか? 北海道にいたら楽しい猟になるでしょうね~。

うん。かなり贅沢な選択肢ですね(笑)

推定体重66㌔のオスです。

1月2日に海を渡り、昔は公園だった商業施設へ行きました。
ハンターなので「HUKUBUKURO」とか言う獲物を探しに!!。
が、しかし!!
危うく身ぐるみ剥がされ、ケツ〇まで抜かれそうになって(身内に・・)
命からがら戻って参りました(汗)
クレジットなるモノで後ろ脚を括られてるとも気付かず。。。
決して他人に思えない「獲ったど~」の写真・・・(爆;)

小隊長殿

小さな個体は癖が無く美味しいですが、イノシシ本来の味が薄くて物足らないです。大きな個体はイノシシの味が濃くて美味しいですが、イノシシの匂いが強いとか肉が固いとかで好みが分かれます。ちょうど良い大きさは、今回獲った60kg前後だと個人的に感じています。
小隊長殿くらいが最も美味しい理想的なサイズということではないでしょうか(笑)

B級しぇふさま

処理して捌き精肉、そして清掃、乾燥までの工程を考えると一週間くらいは欲しいですね。というのは建前で、実際は、一年中やってるので飽きて面倒になっているだけなんです(笑)
近くに引っ越して来て手伝ってください。そして肉の主流をエゾシカからイノシシに変えるというのはどうでしょうか?(笑)

小師匠さん

ハンターが街に出没するとろくな事にはなりませんね。やはり山で鳥獣達に遊んでもらっているのが似合っているということですか。
高価な毛皮でもおねだりされましたか?なんでしたら、イノシシの毛皮を一着分用意しましょうか?(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">