狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

ふな獲りの始まり

今年も頼まれて、ふなめしを食べるイベント用のフナ獲りが始まりました。

昨年は、獲っておいたフナが全滅してしまい寒い時期に何度も川に行き辛い思いをしました。

今年は、そういうことのないように水槽は準備万端、あとは獲って入れるだけです。

日が暮れてから刺網を仕掛けて、翌朝に上げに行きました。

最初に獲れたのは、大きなコイでした。画像では大きく見えませんが、かなりの大きさです。

DSCN2177.jpg

その後に獲れたのは、ナマズが4匹とニゴイが1匹、そして・・・

肝心のフナは、これ1匹だけ。

DSCN2179.jpg

昨年には、一度に50匹くらい獲れた場所だったんですけどね。

バスボートやシジミ捕りの船外機の音に怯えてどこか別な場所に行ったのでしょう。

もともと回遊する性質はあるようですが、追わなければこの時期にはこの場所に居るんですけどね。


網は綺麗なまま、すぐにでも次の漁ができます。

DSCN2181.jpg

でも、次はどこにいこうかな?

JRの鉄橋や道路橋の近くは、振動と騒音を嫌がってか?姿をみませんし。

もっと上流域に行くしかないでしょうね。

今年もまた、フナを求めてさまようわけです(泣)


一匹だけ獲れたギンブナは、煮付にして食べました。

DSCN2200.jpg

フナって川魚の匂いが少なく、身にしっかりと旨みがあり、とても美味しいですね。

骨は枝分かれしているので、できるだけ切り身にしない方が骨を取りやすいですから、今回は二枚に下ろして調理しました。

食べてみると、やっぱこの方が骨を取りやすくていいです。


さ~て、暖かい日を待ってリベンジだ!


スポンサーサイト

コメント

ありゃ!!

「フナの煮付け」美味しそうですね!!!
地元には郷土料理として「フナのテッパイ」(鉄砲和え)がありますが
代用品のコノシロでさえ食べさせてもらえません、、。
中々、鮒は口にする事が出来無くなってます。。。
お母ちゃん、テッパイ造ってくれ〜〜(涙;)

小師匠さん

> 地元には郷土料理として「フナのテッパイ」(鉄砲和え)がありますが
地方により色々な調理方法があるのですね。どんな料理なのでしょうか?興味津々。

例のブツは熟成中

今年も待ってます!

えーちゃん

あ!ウナギ送るの忘れてた!

例のブツって例のブツですか?熟成は3年でしたっけ?
え!今年もみんなで獲りに来るの?山菜採りになったけど(笑)

フナ

フナってどこにでも沢山いるイメージですが、大きな美味しいフナは少ないのですね。

こちらではあまりフナを食べる習慣がありません。
鯉なら専門の料理屋もあるのですが…。

じゃんさん

私が幼いころには、フナはどこにでも沢山いました。河川環境の最悪期は過ぎ回復に向かうかと思われましたが、また悪くなる方向に向かっているような気がします。

鯉専門の料理屋があるのですか!こんど連れてってください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">