狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

埋蔵宝

今日は思い立って、あるものを掘り出すことにしました。

場所は、仕事場の倉庫横にあるちっぽけな菜園。

DSCN2235.jpg

今年は、グリンピースを植付けています。

黒いマルチを取り除くと、砂地盤が出てきます。

白い砂だったのになんだか黄色っぽくなっていますね。

DSCN2236.jpg

ここをスコップで掘り進むと・・・

お!出てきましたね。

DSCN2237.jpg

そして、もう少し掘ると・・・

さあ、これで埋めていたものが、もうお判りですね。

DSCN2238.jpg

そう、正体はイノシシの頭です。

DSCN2239.jpg

一年前くらいに毛つきのまま埋めていたものです。

少し毛は残っていますが全くの無臭。

肉や皮は微生物が分解したようですね。

白く見えるのが、その微生物のコロニーみたいです。


そして、もう1頭。

DSCN2241.jpg

こちらは少しデカくて、確か、100kgくらの体重だった思います。

大きいだけあって、牙も太くて長いですね。

DSCN2242.jpg

指でつまんで引っ張ると、簡単に牙が抜けます。


最初に掘り出した小さい方は、牙が生長過程なので根元が太くて抜けません。

仕方がないので、ハンマーで叩いたりして骨を割り、取りだしました。

DSCN2244.jpg

骨も柔らかくなって、まるで木のような硬さです。


取り出した牙を水で洗います。

DSCN2246.jpg

さて、これどうしょうかな?

これで入れ歯でも作りますか(笑)



スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

見事な牙ですね!
でもキーホルダーにするには小さなのが、ポケットの中では丁度ですね。
僕も拾ってきた小さな牙で作ってますが、
エポキシを入れてヒートンを差し込んだだけなので、
ヒビ割れしてきました。
銀のキャップを作る技術がないんです。(^_^;)
渓流釣りでも、半腐りの鹿の頭を持ち帰り、(車の中の異臭がすごかった)埋めていましたが、
茶色く変色していて、一斗缶で漂白剤に漬けておいたら、
角まで漂白してしまいました。(/ _ ; )

キバを取るために埋めていたのですか?
それとも何かの実験?

内緒のコメントの方

穴あきで高価買取ならOKです(笑)

坪ちゃんさん

わたしも小さな牙の方が綺麗だし割れにくいように思いますので差し上げるときには3,4歳くらいな猪の牙にしています。
色々と刺激的なことをされてますね(笑)

B級しぇふさま

さすがです!そう目的は別なところにあったのです。
骨を分解する菌を採取して培養し野菜作りに役立てるとか、骨や皮を分解した土壌での野菜の生育状況を観察するとか、土の団粒化にどう影響があるのか等々の実験です。

こんばんは

イノシシの牙は、太平洋側の漁師さんが欲しがりますよ。

カツオやマグロの曳き釣り(トローリング)で使っています。

トローリングヘッドに加工したら、魚が食らいつくらしいです(笑)

返答ありがとうございます

屠殺時の穴ならもんだいありませんが・・
頭骨の皮はぎから標本を作成する機会はなかなかなく、
豚以外の頭骨も手に入りにくいため、ヌートリアだけでも手に入れたいところですが
高価買取と言われてしまいますと、手を引かざるを得ませんね・・

突然失礼な書き込みをしてしまい申し訳ありませんでした

まーさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
疑似餌で使うのですね。瀬戸内だとサワラ漁に使えるかもわかりませんね。あとはアジサバ漁にもつかえそうです。夢はひろがるな~、入れ歯は止めとこ(笑)

kuroさん

以前に商売で標本作りをされている方が来られ、条件を付けて面倒なことを言われていたので関わりたくないと思い失礼なコメントを残しました。
取りに来られるなら差し上げますし、何かと物々交換なら送りますよ。物々交換品は手に入り難いとか珍しい種なんかだと嬉しいですけど。

なるほどっ
なにか手に入れることができたら、
お世話になろうと思います。
丁寧な対応をしていただき、ありがとうございましたっ

これは羨ましい

猟される方の特権ですよね
立派な牙いいなーw

kuroさん

珍しいものがあったらお願いします。期待していますよ(笑)

busby6898さん

特権も数が多いと面倒になり捨ててしまいます(笑)
物々交換で出品するという手もありますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">