狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

新品の捕獲檻

休日は、鉄工所で製作していた捕獲檻が完成したので、一人で運搬と設置作業を行いました。

土曜日は、新しい捕獲檻3基と見本の捕獲檻1基、合わせて4基を鉄工所から設置場所まで1基づつ軽トラに載せて片道30分~40分で運搬。

DSCN2536.jpg

そして日曜日は、設置場所の地盤を水平に均したり、扉を支えるワイヤーをセットして作動確認等を行いました。

柿畑に設置完了。

DSCN2538.jpg

設置場所は水が溜まらないように少しだけ傾斜を付けています。

なかなか良い感じのように思えますがどうでしょうか?

DSCN2539.jpg



次は、元々は桃畑だったようですが、耕作を止めたので荒れてしまい雑木や蔓の根が生えていたのを開墾した場所です。

DSCN2540.jpg

夏場の暑い盛りにやったので暑くて大変でしたが、設置が今頃になってしまうのなら冬になってやれば楽だったのに。

運搬の途中に、支柱が太い枝に当ったのに強引に進んだら、枝は折れたけどアングルも曲がってしまった。

DSCN2541.jpg

運搬時には、支柱を外せるようにボルト止めにしたのに、無精をしたら意味がなかったですね。

DSCN2542.jpg

こんな道具を使って直しました。

DSCN2544.jpg

が、まだ少し曲がっていますね。

DSCN2543.jpg

とりあえず、ここも設置完了ってことで。

DSCN2545.jpg

残りの捕獲檻は、また後日。


スポンサーサイト

コメント

4基も!!

こんばんは。
おひとりで、4つもの捕獲檻の設置ですか!すごいですね。お疲れ様でした。
私も捕獲檻を使うときが、ありますが一度に4つも仕入れる事はなかなか出来ません。
いずれ、自作したいと思っていますが、今のところ設備投資する踏ん切りがつきません。
貧乏なんで・・・(笑)

山奥の人さん

捕獲檻の1基は私のものですが他の3基は県と市が半分ずつ出費しています。なので私のものではなく市の備品ということになります。
この捕獲檻は軽いですから運搬は簡単ですよ。溶接さえできれば製作するのも容易いように思います。材料費は1基当たり2~3万くらいではないかと思いますけど。
竹で作るという手もあるようです。自然にあるのものですからあまり警戒しないとか。私も一度作ってみたいと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">