狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

タマネギの途中経過

遠くの畑に行ってきました。

DSCN2799.jpg

前回はジャガイモの植付けに来ましたから約1ヵ月ぶりくらいではないかと思います。

タマネギがどうなっているのか心配していましたが、今の状態は良いですね。


これは、早生のタマネギです。

DSCN2800.jpg

もう少ししたら食べれそうですね。


こちらは、サラダ用の赤タマネギです。

DSCN2801.jpg

初めての栽培となります。


こちらは、翌年の3月まで長期保存が可能なもので昨年も栽培しました。

DSCN2802.jpg

昨年は良いものができ、今年も同じ場所で同じ方法での栽培なので同じような結果と言う事ですかね。

でも、よく観察してみると、昨年より揃いが良くて小ぶれているものが少なく、寒さで葉の先が枯れたものがあまり見当たらないです。

昨年と違う事は、育苗用の培土に落葉を食べたカブト虫の糞を使っている事と、発酵肥料の配合が少し変わった事なのでそれが良かったということでしょうか。

そういえば、追肥の回数が昨年は2回でしたが、今年は面倒なので1回だけでした。

最終的には、収穫時の様子で判断しないといけませんが、悪くない結果になりそうです。


今年の栽培用に、畝を3通り作ってきました。

DSCN2805.jpg

遠くて頻繁には通えないので、管理が少なくても大丈夫なサツマイモとかカボチャでも栽培しますかね。


スポンサーサイト

コメント

もはや自家消費の域を軽く超えた作付面積ですね(笑)
猟に漁に農。東南海地震に対する備えとしては完璧すぎるくらいの向上心だと思います。

B級しぇふさま

> もはや自家消費の域を軽く超えた作付面積ですね(笑)
身内消費と物々交換用を考えればもう少し作付面積を増やさないといけないくらいです。もう一ヵ所借りて欲しいと言われている場所があるので次は小麦を作ろうかと思っていますが思案中です。

> 猟に漁に農。東南海地震に対する備えとしては完璧すぎるくらいの向上心だと思います。
それに建物は木造の平屋で屋根は軽いですから耐震性はバッチリです。地盤は液状化が起きない土質ですしね。
いつでも来い!って感じです(爆)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">