狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

イノシシ被害等

昨日は、イノシシ被害による要請が3件あり駆除員5名で現地に視察に行きました。

私の班では、今年から3名の者がワナの許可を得てワナによる駆除に参入。

イノシシによる農作物の被害が拡大して、私独りでは手が回らなくなっていたのでありがたいことです。

駆除の流れや注意点をまとめたものを配布しましたが、実際に依頼者とのやりとりは初めてなので何度か私が同行するつもりです。



本日、一件目の依頼場所。

DSCN2824.jpg

被害を受けてから時間が経過しており、被害の痕跡が残っていませんが、この辺りに出没しているのは明らかなので、周りの山に入り痕跡を確認したら地主の許可を得てくくりワナの設置をするということにしました。

この後、畑の隣の方が、「私の家の敷地にイノシシが入り込んで荒らしているので見に来て」と言われたので、塀で囲まれた敷地内に入り様子を見ましたが、茶碗ほどの穴が数ヵ所あるだけ。

イノシシの仕業ではありませんね。周り中にイノシシが出没しているので、何もかもイノシシの仕業と思ってしまうのでしょう。



2件目は、1件目の南200mほどの山中。

DSCN2825.jpg

北斜面がイノシシにより激しく荒らされています。

依頼者のおばさんは、これでは耕作はできないと嘆いています。防護柵で畑を囲わないと作物を作ることは無理ですね。

確認できる足跡からは、30kgくらいなイノシシが毎日出没しているようです。

私有地ですが、これからの時期は見知らぬ人がワラビを採りに入るそうなので、くくりワナを設置してイノシシが掛かると危険ですから立て看板で立ち入り禁止の処置をすることにしました。



3件目は、住宅地の中にある畑で隣は中学校。

DSCN2827.jpg

何かが掘ったような形跡はありますが、イノシシの仕業と特定できる要素は見当たりません。

おそらく、別な獣類ではないかと思います。


イチジクのシーズンには、毎日10個ほどを食べられていたとか。

DSCN2828.jpg

木に登って食べたりもしたようです。

近所の方が、ハクビシンを見たという情報もあるので、おそらくアナグマの仕業だと思われます。

アナグマが急増していますからね。

「また何かの被害が出たら、痕跡が残っているうちに連絡をください」とお願いしました。

昨年には、住宅地の中をウリ坊が走り回ったということから、イノシシの防護柵についてアドバイスも要望されたので、資材の種類とその効果、それに行政からの補助金を受けれる条件等を説明しました。

毎回感じる事ですが、知識の無い人からの間違ったがアドバイスがかなり横行していますね。

獣によっては効果が無い方法なのに効果があると言われ、無駄な出費を強いられているようなケースが多々あります。

行政の者は駆除の担当者であっても知識は無いに等しく、防護資材を販売している農協も効果を把握していないですからね。

とは言っても、実際に鳥獣の被害地区で活動をして多くの経験を積んだ者というのはごく少数ですから間違った知識が一人歩きするのも仕方ないことではありますが・・・



本日は、これにて解散!後は、各自自分のワナの見回りをお願いします。

私は、畑で遅れている農作業をしますので(笑)


スポンサーサイト

コメント

しかもそう言う間違ったことを広める人はさも自分が何でも知ってるベテランだというような口ぶりで語りますから、聞いた素人は皆信じてしまうのでしょうね(笑)

間違った知識って・・極端な奴は・・・・・

アナグマはおそろしい・・・道で死んでる奴はアレの子供だ・・・・ネコがやられた・・・
とかいう超面白何でも喰っちゃうブロガーさんのあれみたいなもんですかね(笑)

知らないこと…

そちらでもアナグマが増えているんですね。猫がやられないように注意されてください(笑)。

ハクビシンなんかが掛かったりしても、超悶絶物の股間らしいので気をつけてください(笑)。

そんな事を言ってたら、実際に獲れたのはアライグマだったりして(笑)。

川ガニさん、こんにちは。
有害鳥獣駆除は班が編成されていて5人体制で行っているのですね。お疲れ様です。
こちらも、年々駆除を依頼する農家が増えてきており、私が担当出来る農家の数も限界に近付いてきております。うちの村でも農家担当制から地区担当制にしてもらいたいです。

B級しぇふさま

私なんか押しが強くないタイプなので本当のことなのに信じてもらえないです。詐欺師には向かないですね(笑)

kuma仙人さん

な、なんと!あれは子供だったんですか!巨大肉食獣だったんですね(笑)

じゃんさん

むむ、私が狙っている動物はそんな恐ろしい奴らだったんですね。もう足を洗いたいです(笑)

山奥の人さん

私の班は7名体制で今回集まったのは5名です。昨年までは罠免許を所持している者が少なかったのでほぼ全域を私が行っていましたがこれでメインの桃畑に集中できます。

そちらは一人当りの耕作面積が広いので農家担当という体制なのですね。こちらだと一部落くらいがちょうど良い広さです。農家担当だと、その農家の収穫量に影響してきますからかなりプレッシャーがかかりそうで怖いですね(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">