狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

鮎の友釣り大会

鮎の友釣り大会が、岡山県内水面漁業共同組合連合会の主催で7月10日に高梁市で開催されました。

この催しは毎年1回開催されており、開催場所は順繰りに各漁協が受け持ちます。

今年のホスト役が、9年ぶりに高梁川漁業協同組合となったため、その準備に私も参加。

前日の9日は、午前中に会場の準備を済ませ、午後からは広島大学の准教授である海野先生の主に鮎に関する講演を拝聴、その後に懇親会でした。


10日の競技は、岡山県内の漁業協同組合が代表選手を各3名選出して、吉井川水系、旭川水系、高梁川水系に分かれて団体戦で競われます。

参加選手は、45名で個人賞もあります。

DSCN3154.jpg

前日に粗方準備を整え、当日は7時30分集合で最終の準備を行いました。

そして私の受持ちはというと、この派手なピンクのTシャツを着て駐車場の誘導係。

DSCN3151.jpg

誘導係には、目立つので最適なピンクのTシャツですが、普段着で着るには勇気が必要ですね(笑)

選手の皆さんも結構派手ですが、この姿で街中を徘徊するわけではありませんからね(笑)

DSCN3155.jpg

競技のルール説明等が行われた後に、2匹の友鮎を受け取り釣り場に向かいます。

DSCN3159.jpg

友鮎は、高梁川漁協栽培研究所が育てた自慢の元気な鮎達です。

DSCN3156.jpg

前日までは河川水量が多過ぎて心配しましたが、当日は30cmほど水位が下がり程よい条件の水量でした。

ただ、鮎の習性として水量が多いと上流に遡上していくそうなので、前日までに何度もこの日のために放流した鮎が留まっているのかどうか。陸上からは魚影が確認できません。

猛暑の中、競技開始!

DSCN3179.jpg


この方は、2連覇のSさんです。今年優勝すると3連覇となりS名人となります。

DSCN3176.jpg

後姿にオーラが・・・

竿を出しているのは、本流ではなく狭い側流で釣り人が少ない。


最初に鮎を掛けたのは、本流の瀬肩を攻めていた高梁川水系の方です。お!期待していますよ!

DSCN3180.jpg


そして次に鮎を掛けたのは、2連覇のSさん、さすがだ!

DSCN3185.jpg

続いてもう1匹追加のSさん。

DSCN3187.jpg

こんな流れなら投網の方が捕れそうと思ったのは私だけでしょうか?(笑)

その後、本部に戻ったので様子は見ていませんが、選手のみなさん苦労しているようです。

定刻の11時半で競技が終了。

計量は本部に戻った選手から順番に行いますが、友鮎が2匹だったので3匹以上の方のみ行います。

続々と帰って来ますが、釣果があった方はほとんど居ません。

最初に計量を行うことができたのは、旭川水系で2連覇のSさんでした。

DSCN3197.jpg

5匹居ますが、2匹は友鮎なので釣果は3匹。

DSCN3201.jpg

その後にぼちぼちと釣果のある方が現れてきました。

旭川水系の方、釣果1匹。

DSCN3205_20130710225704.jpg

友鮎込の重量は166g。

DSCN3206_20130710225701.jpg


次は、高梁川水系の方で釣果1匹。

DSCN3210.jpg

友鮎込の重量は184g。

DSCN3211.jpg


次も、高梁川水系の方で釣果1匹。

DSCN3213.jpg

友鮎込の重量は162g。

DSCN3212.jpg

以上!釣果があったのはこの4名だけでした。

続いて表彰式。

団体戦の優勝は、旭川水系でした。

DSCN3222.jpg

おめでとうございます!


そして個人賞は、2連覇だったSさんが優勝し、なんと!3連覇に!

DSCN3225.jpg

おめでとうございます!名人!


この日は、ほんとうに暑く今年一番の猛暑だったようですが、なんとか無事に大会が終了しました。

選手のみなさん、関係各団体のみなさん、暑い中ほんとうにお疲れ様でした。



スポンサーサイト

コメント

水量、透明度も良さそうなのに、
厳しい釣果のようですね。
増水でコケが飛んでいたのでしょうか?
そんな中で3連覇とはさすがGFG!
(^O^)/

川ガニさん、冬場はオレンジ着てるから夏場はピンクでもいいんじゃない?(^ω^)
大会が終わってやれやれですね、
お疲れ様でした。

こんな名人の方でも数匹しか釣れないものなんですね。びっくりです

鮎釣りはやったことがないですが、難しそうですね~。

あ~、鮎食べたい…。

もうできません。

郷里の江の川は日本海に流れており、昔は川舟を使った網猟、友釣りなどもできました。今でも魚業権区域ですが上流に土師ダムができたから、水の流れがなくなり、従ってBOD値、COD値的には問題ない数値ですが以前のように澄んだ川ではなくなっています。 また故郷の近くの江の川はなぜか禁猟区(川)なっており、狩猟はできません。 でもため池がかなりありますのでその点は大丈夫です。

坪ちゃんさん

水量が安定して1週間ほど経過すれば鮎が居付くようですが、今の時期では上流に遡上してしまうようです。

> 川ガニさん、冬場はオレンジ着てるから夏場はピンクでもいいんじゃない?(^ω^)
なるほど!そういわれればそうですね。ピンクのTシャツを揃えますか(笑)

しぇふさま

大会を友釣り専用区ですればよかったのですが、駐車場や本部の設置場所が確保できないので条件の少し悪いこの場所になりました。大学の先生や水産課の方は、こんな良い条件の場所なのに、と不思議がっていましたが、自然の事なのでしかたないですね。

オイノコさん

友釣りは特に技量が釣果を左右する釣りのようですよ。弟子入りしますか?(笑)

あ~、鮎よりヤマメを食べたい…(爆)

kentさん

ハッキリ言って専門家であっても生態がすべて解明できている魚というのは居ないでしょう。
その中でも鮎は多くの事が解明できている魚種ですが、それでも解らないことの方が多いと思います。
ダムを推進する言い分は、影響が無いという証明ができないのに、影響があると証明できないのから問題無いという屁理屈を平気で言いますからね。いままでの事例でも影響が無いということはないわけですから、原因はわからないけど影響があり、その影響の原因を突き詰めて解明した後にそれを回避できる方法をとり工事の承諾を得るというまともなやり方をやらないといけないですが、そんな手間をとるようなことをせず簡単に逃げ切るのが上手です。

狩猟の禁漁区は以前は猟友会に相談がありましたが、なんだか今は行政が勝手に決めているようです。我が分会の区域内も知らぬ間に特定猟具禁止区域が拡大していました。暴走している行政の多いこと。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">