狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

ネギの苗

ネギの苗を農家の方からもらっちゃいました。

DSCN3342.jpg

2度に分けて種を撒いたのでしょう、大きなものと小さなものがあります。

聞いた植付け方法は、病気を防ぐために写真のように古い葉は取り除き、1週間ほど根を乾かし、葉を途中から切ってしまい、3本ほどを一株にして、約20cm間隔くらいに植付けます。

あとは適当な時期に収穫するだけと手間のかからない野菜です。

我が家はネギ好きが多いので、大量に作付けしても消費できます。

あ!そうそう、こちら方面のネギと言ったら葉ネギですから。

で、結局植え付けたのは2週間後になり、車庫に置きっぱなしにしていたからなのか軟弱になっています。

まあネギは強いのでなんとか復活するでしょう。


ついでに、8月から使い始めたこの畑の様子をご紹介します。

CIMG0018.jpg


最初に種を撒いたのはニンジン。草を積み上げた場所だったので虫が多くて種蒔きしても土を動かしてしまい発芽が難しいのではないかと感じていましたが、結局その部分はほとんど発芽していません。

CIMG0023.jpg


隣はエダマメ、その隣はトウモロコシ。どちらも時期が遅いので食べられる状態にまでなるのかどうか、限界に挑戦中ってとこです。

ちなみに、秋に収獲した方が美味しいそうです。

CIMG0021.jpg


その隣が、冒頭の葉ネギ。おそらく九条太ネギだと思われます。

その隣が、長ネギの石倉一本ネギと下仁田ネギ。

CIMG0019.jpg


その隣で防虫網を被せているのはカブで、大カブ2種類と中カブ1種類。

CIMG0020.jpg


その隣は柿ですけど・・・そういえばこの実って所有権は誰なんでしょうね。

畑は借りたけど、柿付きなんだろうか?

特に柿好きではないので、どちらでもいいんですけど、柿の栽培方法を知りません。

まあ、当分は見て見ぬふりをしていましょうかね(笑)


スポンサーサイト

コメント

観音ねぎ

私の田舎の広島も葉ねぎです。 郷土料理でミシュランの星ももらったお好み焼きにも、この種を京都から持ち帰り、改良した観音(地区の名前)ねぎが有名です。 都市化により作付けが少なくなり今ではブランドねぎになっており、お好み焼き屋さんでも高くて使えないといっていたところもあります。 葉が柔らかく、白い部分が若干多いです。 柿ですが、土地借地権に対して地上権が別途あります。地上権も含んでいれば貴方の物で、地上権の登記がされていれば地主に対して強い権利を持ちます。従って、一般的には土地借地権のみの契約が多いと思われます。 要確認ですね。

誰も採らなかったら柿酢を作るといいですね(^^)v

kentさん

ネギは色んな地方種があるようです。観音ネギは初めて聞きましたが、高級ネギなんですね。
この土地の借地は、口頭でのやりとりだけなんです。この辺りではそれが普通のようです。柿の件は好きにしても構わないそうで、邪魔なら切るのもOKだとか。今シーズン収穫したら切ろうかと思っていますが、美味しかったら残すかな(笑)

しぇふさま

柿酢作ってください!すべてしぇふのもです(笑)

柿の木

 元アホウ学部出身のM700SENDEROです。
これでも元某司法職を志した事もありますので、現地の状況を見れば
ある程度の事はお答え出来ると思いますよ。
 この事例はアホウ学部の一回生の民法の事例に出てくる一番
典型的な事例に当たりますから、小生の様なアホウにも、八割方の
自信を持ってお答えできますよ。

M700SENDEROさん

お返事が遅くなりました。
私としては、「柿も大事に育てて」と言われるのが一番辛いかなと思っていましたが、結局、煮るなり焼くなり好きにしてといことになりました。すでに実は落下しています。なんでも、何とか?の予防をしないと早く色づき落下するそうです。根元から切る勇気がないので坊主にします(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">