狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

鮎の孵化放流

鮎の孵化放流を行いました。

孵化放流とは、川に設置した筏にシュロに付着した受精卵を固定して、孵化した稚魚を放流する事業です。

これが、シュロの繊維に付着した鮎の卵たち。

CIMG0050.jpg

カメラを買い換えたら性能が悪くて透明な卵の中に居る稚魚がうまいこと写りませんね。

CIMG0051.jpg


固定する竹の筏は、四隅を番線で固定するだけなので短時間で製作できました。

CIMG0048.jpg

あとは、シュロの束を筏に固定するだけです。

CIMG0052.jpg

あっと言う間に、設置完了。

CIMG0058.jpg

本日の放流数は2500万粒で、ほとんどの卵は本日中か明日の朝までに孵化すると思われます。


今年は設置場所を、例年の潮止め堰上流付近の淡水域から、その下流の汽水域に変更しました。

その変更した理由がこれです。

CIMG0057.jpg

潮止め堰の堰上部に赤い垂直な鉄板を設置したので、川の流れが完全に止まり孵化した稚魚が海に下れなくなったからです。

明日から台風が接近するので、波浪により海水が潮止め堰を越えて淡水域に侵入したら工業用水の取水口から海水が入り込む恐れがあるからということのようです。

汽水域に設置するのに立ち会ったのは初めてですが、どうせ淡水で孵化した稚魚は潮止め堰を越えて汽水域に流下するので、最初から汽水域に設置した方が良いのではないかという考えもありますね。

設置後に様子を見ていると、多くの魚が卵を食べに集まって来ているようです。

やはり、捕食者が少ない淡水域に放流した方が、卵の損失が少ないのかも。

今回の結果を見て、来年にはどうするかを決めたいと思います。


この放流により、来春に稚鮎が多く遡上することを期待してます。


スポンサーサイト

コメント

最初の写真

いきなりクマボクチャンの解体現場かと思っちゃいました(笑)
アユの放流ってこうやってするんですね~~~
ビックリです

知らなかった

孵化場で育てて稚魚を放流するのかと思いました。

干潮時は干出していましたが卵は大丈夫なのでしょうか?

2500万匹全部大人になれたとしたら川はどんな感じになるのでしょうね?

kuma仙人さん

毛むくじゃらな黒いものを見ると反射的にクマボクチャンではないかと身構える危険察知能力はさすがです(笑)
秋にはこの孵化放流を、春には5g/匹くらいな稚魚放流を行います。孵化放流で遡上する稚魚は、習性的には天然と同じだと思いますから、今後はこの形の放流を増やすようにしたいと思っていますが、汽水域での環境悪化が大きな問題です。

kentさん

それもやっていますが、養殖魚だと習性が天然魚とは異なるように感じるので、この孵化放流の方が種の保存の観点からも良いのではないかと思います。

えのきがまさん

干潮付近でに腰から上くらいな水位だったので問題ないだろうと考えて設置しましたが、アンカーが軽かったので台風の南風により接岸したかもわかりませんね。設置中にも孵化していましたから全滅ではないでしょう。この経験は次に繋がると思います。

しぇふさま

カワウが大喜びで大増殖でしょう(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">