狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

お好み焼き

今日の晩飯は、外食するより我が家で作ったものの方が遥かに美味しいお好み焼き。

IMG_9367.jpg

材料は、薄くスライスしたイノシシのバラ肉、エビ、チクワ、キャベツ、自家製ネギ、ヤマイモ。

ほんとうなら自家製の美味しいキャベツを使いたいところですが、収穫までにはあと2週間は必要でしょう。

IMG_9368.jpg

イノシシのバラ肉は非常に美味しいのですが、筋を挟んでいるので薄く切らないと子供には食べにくい部位です。

これくらい薄くすると食べやすいですが、肉の量が少ないので両面に乗せたいところですね。

今回は、愛媛県で買ったチクワが入っているので、焼けるとくずしの匂いがして少しゲンナリ。


食べるときには飽きないように、まずは何も付けずに食べ、そしてオタフクソースを付けて食べ、次は、マヨネズーを付けて食べる・・・

IMG_9369.jpg

そして、最後はキムチを混ぜたり、乗せたりして食べるというのが我が家流。

IMG_9370.jpg

キャベツがイマイチなので、存在感がなくていつもより食味は落ちましたが、焼けたバラ肉から出た旨みたっぷりな脂が内部にまで浸透してどこを食べてもふんわり柔らかで濃い旨みが口の中に広がります。

胃に達した後も鼻孔の中に残る香しき匂いの余韻に浸りながらワインを一口、たかがお好み焼きで至福の時を過ごせるなんてなんと幸せなんだろう・・・






ここで一つ訂正を、ワインじゃなくてお茶でした。カッコつけてごめんなさい!(爆)


スポンサーサイト

コメント

もう!!
また夜中に見たらお腹が空いた~~

さっき気づいたんですけど、岡山の方なんですね。
私の父方が金光なので子供の頃はよくいきました。うちのお墓は倉敷の方なので親しみがある土地です。

広島風?

あれ、大阪風ですね。岡山は広島風ではないのでしょうか? ソースはおたふく?、カープ?

あはは。ワイン落ちはいいですね。最高です(^^)v

お好み焼き!!

いや~~参りましたね~~
お好み焼きとカレーを獲りに行く事になる訳ですね(笑)

標準語

「くずし」は標準語じゃないので、読んでいる人の大半が何の事だか分からないと思います(笑)。

でも美味しそうです♪

また~!
いじわる?!

やんまさん

金光は近いですよ。気候もよく災害も少なく原発からも遠い場所ですから住むには非常に恵まれています。ただ、何の心配もないので頭の中がノンビリ、他地方から来られたらヤル気のなさにビックリかも(笑)

kentさん

私が子供の頃は広島風しかありませんでしたが大阪風が入りだし今では広島風を探すのが難しい状態です。
広島風も好きですが昔のように美味しく提供できる店が無くなりましたね。
自宅では、その日の気分で両方法を作っています。

しぇふさま

アルコールが入っていないものならOKなので、腐っていないブドウジュースをワイン代わりに飲むってのもいいかもわかりませんね(笑)

kuma仙人さん

いやいや、お好み焼きとカレーとハンバーグと餃子とチャーシューとベーコンと生ハムと猪鍋と・・・とまあ我が家の場合で言えば肉系はすべてに使えますよ。それを考えながら撃つと外して逃げられますからご注意ください(笑)

じゃんさん

以前にこの話題をアップしているのでわかる人はわかると思います。その記事をリンクすればいいのですが「ま、ええかぁ~」と考えるのが岡山県人気質ですな(笑)

オイノコさん

ハッキリ言って私はいじわるです(笑)
冷凍庫の整理なので良いものはありませんがよければ少しですが送りましょうか?メールください。でも、私の猪肉を食べると美味しくて自分が獲ったものが食べれなくなるのでやめた方がいいかなぁ~(爆)

いろいろなお気遣いありがとうございます。(笑)
実家のストッカーの中にはイノシカたんまりあるのですが、現在の下宿先には冷蔵庫がないので送ってもらえないのです。
今のところは「実家に帰ったら思う存分食べるぞ!」を胸に、大人しく修行に励みたいと思います…。
モチベーションを上げるために、さらなるイノシシ料理のアップ、期待しております。(笑)

オイノコさん

了解しました。猪肉の自慢ができる絶好の機会かと思いましたが残念です(笑)
機会があったら自慢の食材を持ち寄りオフ会など楽しそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">