狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

備長炭

備長炭を買いました。

CIMG0077.jpg

ある日、古くからの猟友と雑談をしていると、奥さんの実家では、山深い田舎なので炭焼きもしているとか。

できた炭は、ほとんどが京都の料理屋に送っているそうです。

それなら、ちょうど買っていた備長炭が少なくなっていたので、端キレのB級品をお願いしました。

ほんとうは品薄で入手が困難なようでしたが、それは身内ということで時間は掛かりましたが5箱送ってもらうことができました。

CIMG0078.jpg

いままで使っていたものと比べると少し硬度が低いようです。

カシの木の種類が違うのでしょう。

CIMG0079.jpg

これなら、少し火持ちは悪いでしょうが着火するのが楽そうです。

今まで使っていたものは、追加で炭を入れても火付が悪いので火力が下がって扱いづらいと感じていました。

お手頃価格なので、一箱2~3kgくらいかと思っていましたが到着したら12kgもありました。

12kg×5箱=60kgもあります。

当分の間、炭の心配はいらないな。嬉しい~


スポンサーサイト

コメント

名前

「うなま」という備長炭の名前が気になります。
なぜこんな名前になったのでしょうか?

「うなぎの生」かな(笑)?

名前を調べてみました。

うなまは宇納間と書くのですね。 時々はじけて、アツーとなるのが硬い炭? 何に使われるのでしょうか? まさか、焼き鳥、蒲焼?

うらやまぴ~・・・(+_+)

じゃんさん

うなぎの生かも?(笑)
忘れたけど地名だったような?
この備長炭で久々に一緒にウナギを焼きますか(笑)

kentさん

硬い炭は、叩くと金属音がします。
用途は、主にウナギを焼いたり焼肉をしたりくらいかな。なんにでも使えますね。

オイノコさん

オイノコさんの場合だと、炭焼き修行に行って自家製の備長炭を作る・・・かな?その修行に参加したい私(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">