狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

正月は解体

元旦は、初詣に出かけ実家に年始の挨拶、その後は予定が無いので農作業。

2日は、妻の実家に年始の挨拶、3時頃に帰ってから年末に獲ったイノシシの解体作業。

3日、4日も昼頃から解体作業。

やっと4日の夕方に作業が終わり、これで2年間分のイノシシ肉がストックできました。

IMG_9413.jpg

全量で約80kgくらい。

背脂もカットして冷凍保存し、その都度取りだして使います。

IMG_9414.jpg

ワイヤーでくくっていた足は、暴れて肉に少し血が回っているので犬達用に。

IMG_9415.jpg

そして、人間用はロースとバラですき焼き。

IMG_9416.jpg

肉は1kgくらい入っています。

メチャ美味しかった!


日暮れ前にイノシシの罠を見回りに行くと、50kgくらいなメスの足跡を発見!

ワナを仕掛けてこれもいただくかな?(笑)


スポンサーサイト

コメント

食べものネタ続きますか!
う~、素晴らしい脂身ですね。
私も帰ってはやくお肉のストックにかからなくてはいけません。
うまく獲れればいいですが。

クリスマスと正月はここのところ解体ばかりでしたが、今年は久々に少しは女子らしい年末年始をむかえました♪

すごい供給力

毎年、お肉の供給量が需要の2倍くらいあるのでは?それにしても本当に管理が丁寧で尊敬します。きちんと食べられるようにするには獲る技術だけでなくきちんと処理して管理する力が必要だと感じます。(ヨイショしてねだっているわけではありませんよ(笑))獲ったキジ肉を捌きながらそんな事を考えさせられた記事でした。これからも勉強させていただきます。今年もよろしくおねがいいたします。

オイノコさん

年末に獲った猪は少し期待外れの脂の厚さでしたが、まあこれくらいあればこの時期としては普通でしょうね。私の猪獲りはこれで一段落。あとはやらないといけない農作業に集中という事になりますが、オイノコさんはこれから罠掛けして獲らないといけないんですね。獲れるのは1月後半かな~、その時期ならメス狙いですね。頑張ってくださいね、と余裕をかます私(笑)

ニライパパさん

供給量は需要の20倍くらいはありますが、我が家はわがままな奴が多いので、食べてから自家用の肉にするかどうかを決めないといけません。結構、審査が厳しいので今シーズンは今の所2頭だけです。シーズン中一頭も残せないこともあるので2年間分の確保は必要なんですわ。
私の場合、処理する丁寧さには自信があります。鳥も丁寧にしますよ。機会があったらニライパパの捌きを見ながらダメ出しをしましょう(爆)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">