FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

しのうどん

本日の話題は、地元名物「しのうどん」です。

F1000267.jpg


みなさん、こんな名前のうどんを聞いたことないでしょう。

その筈です。私も地元に居ながらまったく知らなかった名物ですから。

云われは、以下です。

F1000269.jpg

食べさせてくれるお店は、私が30年以上も前から常連になっているお店です。

そのお店は、うどん屋さんではなく、「キャロット」と言う名前の喫茶店です。

と言ってもメインは定食なので、内装外装雰囲気は喫茶店、内容は大衆食堂のような感じのお店です。

なぜ常連の私が知らなかったかと言うと、お店が売る気のないメニューだからです。

なぜ売る気がないかと言うと、原価が高くて利益にならないからです。

それを知りつつ注文すると、「時間が20分もかかるよ~」とメニュー変更を催促します。

その言葉を無視して雑誌を読んでいると、ご覧の変わったうどんが出てきます。

かなり上手に撮れていますね。←自画自賛!

F1000272.jpg

麺の幅が広いでしょう。それに具沢山ですね。

牛肉、たまご、えび、も貝、かまぼこ、しいたけ、えのき、シュンキク だったと思います。

出汁は、薄味です。私は美味しいと思います。

最近この「しのうどん」の取材が多くて嫌になる、と作っているお姉さんが愚痴を言っていました。

メジャー嗜好ではないので、雑誌とかテレビに載るのが嫌いなのです。

注文させまいとするお店の嫌がらせにくじけない自信のある方は、是非一度お召し上がりください(笑)

スポンサーサイト



コメント

隣の山梨県にはほうとうという幅の広いうどんがあります。カボチャを必ず入れ、どろっとした汁で食べます。武田信玄が戦場で食ったといわれてますが、チェーン店もあり、長野にも出店してます。お持ちかえりもあったりします。
PS 写真バッチリじゃないですか。CFみたいですよ、ほんと。

トシベエさん

ほうとう知っていますよ。本場の山梨県では食べた事ないですが、うどん好きなので何度か食べた事があります。私が食べたモノはもう少し幅が狭かったです。本場はこんな感じなんですかね。私の地元と通じる事があるのでしょうかね。
写真いいでしょう。湯気の感じもいいし。私ってカメラマン向きかな~(爆)

太めん

すごく太いめんですね!
我々めんの業界ではめんを切る「切り刃」というものがあって、ちゃんとJIS規格があります。
それには
「3cmの間隔の中で何本のめんが切れるか」
によって番数が決まります。
お送りした「稗田の博多豚骨拉麺」は24番の切り刃です。
3cmを24本に切るので、1本が1.25mmの幅ですね。

この麺はJIS規格に治まりそうもないですネ。

まっきーさん

なるほど!麺にもJIS規格があるんですね。
原価が高いと言っていたのは、麺のことです。規格外の麺なので高くつくのですね。
麺だけで300円だそうです。

だご汁

見た感じは大分、熊本のだご汁に似てますね。だご汁はもっと麺が雑ですが(笑)。地元ブランド、いつまでも大切にしていきたいですね。

セラヴィさん

だご汁、どんな麺なんでしょうね。こちらでもまだ他に雑な麺がありますよ。普通の5倍以上も太いうどんです。円通寺というお寺で15夜の月見のときにだけ食べれる限定うどんです。

うわぁ~ん、おいしそう~!

「キャロット」ってあそこですか?帰省した時いつもごちそうになってた?
じゃぁ、今度帰省したときはこの「しのうどん」牛肉抜きでお願いします。
あっ、でも定食も捨てがたい。。。
う~ん、どうしよう。

あっ、でもうどんか定食か悩む前にいつ帰省できるかわかりません。(笑)

だご汁どんなものかは実物を見てみましょう。今度道の駅なぞに行ったら入手してきます。実は私は素朴系が苦手なもので滅多には食べません(爆)。でもジモッティーは皆大好きなようです。

Hiroさん

そうです。あの別名ブ○ハウスと呼ばれている、体格の良い姉妹が経営しているお店です。
おごりますから、しのうどんと定食の両方を食べてください。そして、ブ○ハウス一員となるのです(爆)
取材費を溜め込むか、アーチストの日本公演を取材するという名目で帰ってきてください。それまで「しのうどん」がメニューにあるかは解りませんけどね(笑)

結構なペースで外食なさっていますねぇ(笑)

セラヴィさん

なるほど!さすが大阪人の血が流れているだけあって、食べ物も派手好きなんですね(笑)
素朴系の味が解るにはまだ若すぎるのかな?(爆)

シェフさま

料理の記事が多いので、そう思われるかもわかりませんが、基本的には外食はあまりしません。母親が料理好きなので、子供の頃より色んなものを美味しく食べて来ています。ですから、家のご飯の方が外食より美味しいと今でも思っているんです。でも、シェフのジビエ料理は食べたい!

ラザニア

幅広くてラザニアみたいですね。
だご汁の「だご」もがんばれば、このくらいの太さにできるかも!

ももさん

そう言われればラザニアのようですね。それでも幅はその倍くらいあると思います。
”だご”知りません、見たことないですわ。ももさんのブログで紹介してください。庶民的な食べ物で、エンゲル係数が増大しないからダメかな?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/128-a373e643

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">