FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

国産ワイヤーの実力

今季から使い始めた国産ワイヤーの結果報告をします。

まず、国産と言われて今まで使っていた粗悪品ワイヤーがこれ。

IMG_0041.jpg

イノシシが掛ったその日の朝に見回ってもほとんどがこんな状態で逃げられていました。


で、今季使った国産ワイヤーでイノシシを獲った後の状態がこれ。

IMG_0043.jpg

どれもこれもまったく傷みが無くもう一度使えそうなほど綺麗。

IMG_0039.jpg

獲ったイノシシの重量は、30kg~100kgです。

調子に乗って2度使いして2頭獲った後の状態がこれ。

IMG_0040.jpg

さすがに撚りが少し戻ったような状態も見受けられますが、1本の鋼線も切れていません。

両者を比較すると、見ての通り同じ強度の国産ワイヤーとは思えませんね。

粗悪品ワイヤーは不純物が多くてもろいように見受けられます。これは罠用品専門の販売店で購入しましたから、多くの罠師がワイヤーを切られて逃げられた経験を持っていることでしょう。

嘘偽りのない国産ワイヤーは、建設、建築、機械、電気、鉄鋼等の専門業者が購入する信頼のおける地元業者から購入しました。

単価は、メッキ4mm×6×24×200mで15000円、ちなみに中国産は10000円と言っていました。国産は在庫がありますが、中国産は取り寄せになるので時間が掛るとも言っていました。

私の罠でイノシシを1頭獲り先端部分を新しいものに交換すると、長さが1.1mなのでワイヤーの単価は83円、中国産だと55円、その差28円。

どちらを使うべきなのか、それは個人個人の価値観が違うのでなんともいえませんが、私個人としては、バス釣りのようなイノシシのキャッチ&リリースなんてしたくないですね(笑)


スポンサーサイト



コメント

ワイヤーの質によってぜんぜん違うんですね!!
勉強になりました。

ウチの方は罠をやっている先輩がいないので、ネットで勉強中です。

やっぱり国産品

それと、ホームセンターの大陸製は硬くて締まり止めをきつくするとキンクしますし、括ったら癖が回復しません。私のエアライフルS510のOリングも全て(バレル先端以外)国産のシリコンとフッ素に交換しました。よくブログでOリングが千切れたとか、カスが機関部に入ったとか聞きますが、ゴムほど粗悪品が製作可能な製品は無いです。

安かろう悪かろうでは話になりませんね。顧客を減らすより顧客を増やす努力が必要な時代に何とも強気な販売店ですね。

やんまさん

私もここまで差があるとは思っていませんでした。こんな粗悪品を国産だといって平気で売るのにも驚きです。

con1951さん

硬いというのは鋼線の数が違うからだと思います。6×24なら大陸性でも柔らかいと思いますけど?

しぇふさま

この良品のワイヤーにたどり着くまでに猟師相手の罠販売店で3種類のワイヤーを試しましたが、すべて切れ味最高で多くのイノシシに逃げられました。こんな店が繁盛しているなんて日本人てどうなっちゃんたんでしょうね。

切れ味最高!

刃物屋だったら良かったんですけどね~♪

いや、相変わらず切れ味最高のコメントに笑えます(爆)!

じゃんさん

それも良い考えですが、こんなんだから刃物屋したら切れない刃物ばかり売るんでしょうねぇ(笑)

は、は~ん。

例の北朝鮮で販売してる中国製ですね??

えーちゃん

そうですよ。でも残念なことに他の罠販売店も同じような製品を販売しているようです。ハンター相手の各種販売店はどこも同じような感じに思えてなりません。嫌になってしまいますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

内緒のコメントの方

数日経過すれば金属疲労で切れることは仕方ないでしょうが、そこのワイヤーは掛かったその日でも切れますからね。人の生命に関係する部品だという認識が無いのでしょう。
お問い合わせの件ですが、以前にメールを頂いていたでしょうか?見当たらないのでここで回答させていただきます。
直接購入したわけではなく役所が発注したもので、購入店は
「シマダオール」http://www.shimada-all.co.jp/です。
詳細はこちらでお聞きください。
ちなみに、購入したのは、国産(日本製)メッキ6×24×4mm×200mです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

内緒のコメントの方

少しでも危険な目に会わなくなれば幸いです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">