狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

干しネギ

またまた長期戦線離脱となり、約1ヵ月ぶりの更新です。

仕事が忙しく、といってもアベノミクスによる急激な景気対策とか震災による耐震補強とか諸々の仕事が重なったにも関わらず、小泉政権からの建設業に対する締付け政策により業者不足、人材不足、技術者不足、機材不足、材料不足等々により調査業務が進まず手待ちばかり。

利益には繋がらない段取りや立会い、会議等に明け暮れた日々でした。

まだまだ、先が霞んでいる状態で仕事を行っていますが、精神的には少し落ち着いてきたかな?

なんていう、面白くもない前置きはこのあたりにしといて、今日の話題は、前々から気になっていた干しネギ作り。

IMG_0100.jpg

以前からトライしていましたが、作る時期や植えつける時期がわからず失敗ばかり。

ここで少し干しネギについて説明しますと、通常、ネギは春にトウ立ちして花が咲き種ができたらその種を蒔いて栽培を始めますが、干しネギとは、トウ立ち前の親ネギを抜いて干し、再度植えつけるというやり方です。

葉ネギは茎が分かれて増えていくので、このやり方だと何年も種を蒔かずに栽培を続けられるという夢のような栽培方法ですわ、といっても永遠に続けられるかどうかは知りませんけどね。

とにかく時期的には、トウ立ち前に抜いて干すようです。

教えていただいた農家の方のやり方は、抜いたネギは外の古い葉を剥ぎ取り残った葉は切り落とし、数日間干してから植えつける。

こんな感じにしてから乾燥させます。根っこも少し切った方が良いかも?

IMG_0101.jpg

なぜ古い葉を剥ぎ取るのかというと、病気にならないようにするためだそうです。

病気とは、うどんこ病らしいです。

でもまあ葉を剥ぎ取るのも手間が掛かりますから、剥ぎ取らないものも作って植えつけ様子を見たいと思います。

IMG_0102.jpg

長ネギでも同様なことができるのかどうかは聞きませんでしたが、これも試しにやってみます。

左が下仁田ネギ、右が石倉一本ネギ。昨年の植え付け時期が遅くて成長がイマイチでした。

IMG_0103.jpg

切った葉は、もったいないので食べます。

IMG_0104.jpg

時期的には少し遅かったようでトウ立ちしたもので作りましたが、ネギは強いので大丈夫ではないかと楽観的に考えています。

種取した後に干しネギにするという手もあるかも?でも、養分を使い果たして良いネギにならないかなぁ。


そして、この干しネギの最大の利点は、柔らかくて美味しいネギになることです。

一昨年には、2年物の葉ネギを大量に頂いて食べました。

通常のものよりかなり太かったのに、ほんとうに柔らかくて美味しかったです。


時間を見つけて、植えつける畑の段取りをしなくっちゃね。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おいらの股間の長ネギはアサダチの前に枯渇してしまいました(@_@;)

へ~~こんなネギの栽培方法があったんだ
東北ではちょっと出来そうもないですね
あ~~ネギが喰いたくなった(笑)

しぇふさま

土に植え付けたら復活しますよ(笑)

kuma仙人さん

他の地域ではやらない栽培方法なのでしょうかねぇ。
もしかして門外不出の方法だったりして。内緒にしといてください(笑)

ご無沙汰しています

私もようやく人間らしい生活に目覚めてトマトの苗を衝動植えしてみました(笑)。
しかしやはりそれでは飽き足らず、今まで夜釣りに行っていたのですけど…。

後は発酵堆肥を作って野菜つくりをしつつ漁協会員になり、スキートで90点以上コンスタントに出せば川ガニさんに追い付けそうです!

ブログでお断りもなくこちらのURLを貼ってしまってすみません(^^;)。
ご迷惑をお掛けするようなことがありましたらご連絡お願いします。

じゃんさん

ついでに夏野菜の定番、ナス、キュウリも植え付けてみたらどうでしょう。野菜の美味しさに目覚め新たな世界が体験できますよ(笑)

あんどんは、霜や寒さで苗が傷まないように苗の周りを囲む方法で見た目があんどんに似ています。

私のブログはリンクフリーです。お好きなようにいじってください(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">