狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

こだわりラーメン

ぬ~ちゃんのお返しに戴いた「こだわりラーメン」です。

採算を考えずに役員の方がこだわって作られたそうです。

その役員の方の名前が大きく「稗田の」とパッケージに書かれている所に、その意気込みが感じられます。

昨年度から話題になっている「食品偽装」問題も、このように会社のトップの方が「全て自分の責任で作っています」と書けるぐらいの商品作りをしていれば起きなかったでしょう。

製造元は棒ラーメンで有名な福岡にある「マルタイ」さんです。

九州と言えば、やはり「豚骨ラーメン」ですね。

F1000264.jpg

肝心のお味です。

豚骨ラーメンは、豚骨のニオイが少し苦手な方には好まれないでしょうが、このスープには豚骨の臭みがありません。

コッテリとしているようで、癖がなくサッパリと食べれます。

麺は細麺なのでスープに良く絡みますし、コシもあり歯ざわり良くツルツルっと、のどごし良く食べれます。

会社の自信作だけあって、かなり美味しいですね。

F1000275.jpg

メンマと焼き豚は我が家で入れたものです。

もっと大々的に販売すれば良さそうに思うのですが、採算ベースに乗らないので秘密裏に販売?それとも製造量が少ないのかな?私が知らないだけかも?

このラーメンは、地元のラーメン屋さんで食べる味よりも、私好みです。

どこで売っているのか教えて~~!

↑メールで聞かんかい!!!


スポンサーサイト

コメント

稗田の博多豚骨棒拉麺

川ガニさま

この度はウチの商品を大きく取り上げていただいてありがとうございます。
どこで買えるかというと
http://store.shopping.yahoo.co.jp/marutairamen/index.html
弊社直営の「マルタイヤフーショップ」でお取り寄せできます。
正直言って定価が高いのであまりスーパー様などではお取扱いがありません。

川ガニ様のおっしゃる通り、あまり売れない商品です。
あまり売れなくてもよい商品でもあります。
本当に採算度外視で作っていますから…。

企業というのは営利集団でありますから、
利益がとれてナンボ 
という考えも当たり前なのですが…。
「ウチの会社はこれだけ旨い物が作れるんだ!」
って皆さんに自信と誇りを持ってお勧めできる商品です。

長々とすみません。。。

まっきーさん

ブログにコメントありがとうございます。丸秘モードだったので、返事は控えましたw。
こういうこだわりに弱い私です。早速取り寄せてみたいと思います。
ところで、まっきーさんって稗田さん?

セラヴィさま

「稗田の博多豚骨棒拉麺」
は昨年ご退任された「稗田藤美」元専務のお名前からいただきました。
即席めん業界はどうしても
「コスト」
という大きな壁があります。
稗田は
「それさえなければこんなに旨い物を作る技術があるんだ」
と常々言っておりました。
その稗田専務の労をねぎらうために、集大成として商品化したもので、ウチの会社が趣味で出したみたいなもんです。

たぶん検索していただいたら顔写真もどこかにあるはずです。
マルタイの商品開発をして40年以上という頑固な職人でした。
厳しかったけど学ばせていただくことが多くありましたね。

世代的に言えば私たちが稗田専務の最後の弟子くらいですかね。

ありがとうございます。

まっきーさん

「大きく取り上げて」なんて、このブログで取り上げてもほとんど販売数の増加には貢献できないですから、会社から1年分のラーメンをお礼になんて結構ですよ(大爆)
人気商品「大人の贅沢」を買ってみます。楽しみ~!

綺麗な白のスープですね。ちなみに関東圏には進出しているのかしら?早速ネットしてみます(^^)v

シェフさま

牛乳を入れたような白いスープですが、牛乳の味はしません(笑)関東方面では珍しいのかな~?。

こだわりラーメン

昨日ようやく食べてみました
棒ラーメンのノーマルとんこつ仕様は学生時分良く食べてました 
愛知県では結構出回っていて現地の同級生から教えてもらい
合宿とかで簡単に調理できるのでラーメン雑炊とか良くやってました

こだわりラーメンは麺も色が違いますしスープも粉末と液体のツインですね 
麺の食感も違いますしスープの味もクリーミーでとんこつの風味が強いです
麺の茹で加減が微妙です
初めての1杯は茹でながら液体・粉スープを投入したのですが伸び気味となったので
日を改めての2杯目は丼に液体スープと調味油を事前準備してさっと調理するとGOODでした
ごちそうさまです




「スヌーク」の薫製無理かなと言ってみたり、やっぱくださいと翻ってみたりの優柔不断な態度にも関わらず、予約リストに入れていただき、ほんとうにありがとうございます。真夏でなければ薫製はできます。これを機会に、「厚もの」に挑戦してみます。かなりの面食いとお見受けします。シカジャーキー、これからの有害で材料が獲れないとできません(涙。当地には「ローメン」というマトンを使ったB級グルメがありますので、代打に出します(笑。ミラクルテイストです。

エアーマニアさん

お~!なんにでも詳しいですね。
今度、ノーマル味とこだわり味の最適弾速を教えてください(爆)

トシベエさん

新たなる挑戦ですね、結果が楽しみです。お礼の気は使わないでくださいね。どっちみち駆除で処分するしかない獲物ですから。有効に使っていただければ、駆除する甲斐があります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/130-729168b4

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">