FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

終猟

F1000274.jpg


昨日でイノシシとシカ以外の狩猟鳥獣の猟期が終わりました。

事故も違反もなく、無事終猟を迎える事が出来ました。

今年の猟期は、長年やって来た使役犬を使った猟をほとんどせず、空気銃猟に専念しました。

このブログを覗いていただいている方々は、私が空気銃猟主体の猟師と思われた事でしょうね。

実は、空気銃猟は10年以上前に少し経験はありますが、最近になって始めたので2猟期目です。

昨年の猟期は、使役犬を使った鳥猟の合間に空気銃猟をしていましたが、今年は空気銃猟の合間に鳥猟をしました。

空気銃猟も鳥猟と同様に、非常に奥が深くて楽しめます。

鳥猟は主に獲物とのやりとりは犬がしますが、空気銃猟は捜索から回収までの全てを自分でやらなければなりません。

それに、空気銃は散弾銃と違って、気温の変化にも影響を受けるとっても繊細な銃です。

自分の持っている銃の特性をシッカリ把握していないと距離の離れている獲物を獲る事や、矢に強いキジや大カモを獲る事は出来ないでしょう。

来猟期は、今猟期の後半に気温の変化に対応しきれず貧果になってしまった反省を踏まえて、気温の低い今の時期に銃の調整をし、今期の様な失敗をしないようにしたいです。

それが終われば、子犬の訓練ですね。

もう6ヶ月になろうとしていますから、そろそろ連れ出してフィールドにならさないといけません。

来猟期もすぐに来ますから、のんびりとしてはいられませんね。

それでは、また来猟期にお会いしましょう。・・・って来猟期までブログ閉鎖か?

スポンサーサイト



コメント

終猟

終猟お疲れ様でした。
たとえ貧果でも、事故も違反もなくということが一番じゃないですかね。
今猟期は銃にまつわる悲惨な事故がおきてしまいましたからね。
残念です。
銃を持っている=危険→悪いこと
の図式がマスコミによって形成されてしまったのが残念です。
私は狩猟免状も銃も持っていないのですが、
父親が狩猟をしていたため、先人達の叡智の結晶である狩猟を身近に感じて育ちました。
この素晴らしい文化を正しい形で後生に伝えられることを切に願うばかりです。
狩猟を自分でしていない人間が言うことではないことは、重々承知の上での発言ですが、ご無礼をお許し下さい。

川ガニ様、今期は色々とありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

燻製がたくさん!

あれ~?お酒は苦手だったのでは?(笑)。
これからはワンコの訓練と川漁の情報待ってます。閉鎖、許しません(爆)。

これからは川漁ですよね?
お休みは許されませんよ(笑

まっきーさん

狩猟は人間の本能に基づく行為ですから、それを無くしても本能には逆らえませんので、昨今増えている人間同士が傷つけ合う狩猟が増えるような気がします。自然と真っ向から付き合うのが狩猟ですので、自然を愛する人は狩猟を始めてみてはいかがかなと思います。

すみません!覆水盆に帰らずでした。誤字は後世まで残ります(爆)

セラヴィさん

お酒は酔うので苦手なのですが、何ヶ月も置いていたので酢になってるかと思って開けて飲みました。まだアルコールは残っていたようで、酔ってしまいましたね(笑)
セラヴィさんの許しがもらえるまでは続けます(笑)

busby6898さん

これからは、しらうお漁です。芦田川にも居ると思います。
猟期が終わったので、気が抜けました。それに仕事が溜まっているので、メチャ弱気です(笑)

あっと言う間に終わってしまいましたね。4月まで気の抜けた私です。

シェフさま

3ヶ月の猟期はあっと言う間に終わって、あっと言う間に次の猟期が始まるような気がします。私も、今は空気銃を調整用するのに必要な部品待ちで抜け殻状態です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/131-e34ad231

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">