狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

今年のトマト栽培

今年は今のところ調子が良いミニトマトと大玉トマト。

IMG_0305.jpg

昨年との違いは、雨除けを作ったことと無肥料で育てていること、それに株間を少し広めにしたことくらいかな。あ、それとエダマメと混植しています。

雨除けなしでも大玉トマトが割れないように作れないかと2年ほどやったけど今年はくじけて設置しました。やっぱり割れないわ。

無肥料といっても、前作の肥料が残っていると思いますけど。肥料過多で大玉トマトが暴れるということがなくてほんとビックリするくらい順調。

まあ、脇芽を伸ばして樹勢を調節しているというのもありますけど。

IMG_0306.jpg

肥料切れになったら追肥しようかと思っていますが、なかなか肥料切れの様子が見えないのが不思議。

やっぱ、混植しているエダマメの根瘤が効いているのかなぁ。

ミニトマト2種類7本、大玉トマト3種類17本、調理用トマト1種類3本の計27本の栽培数。

苗はこの3倍くらい作ったけど、忙しくて植え付けができなかった。

20本くらいの栽培数だと手入れが行き届いて良いものが収穫できそうです。これからは欲張らないようにしたいですね。

そういえばもう一つ気を付けていることがあった。尻腐れにならないようにカルシウム補給で竹酢カルシウムを散布しています。

リン酸分の多い果樹園で栽培した折には尻腐れで最悪でしたからね。カルシウムを補給してもリン酸と結合してまったく効果が現れないですから。

ぼちぼち収穫していますが、味もそこそこって感じです。

暑い日に冷たく冷やした大玉トマトを食べるのって最高ですよね。


スポンサーサイト

コメント

いやはやその探究心には頭が下がります。

まだまだ不勉強で…

川ガニさんの書かれている事の半分も理解できません(笑)。
肥料切れになったらどんな感じになるのですか?

とりあえず我が家のトマトは順調です♪

しぇふさま

トマトは色んな整枝方法があって面白いですね。強いので何やっても枯れないですから安心ですし。
でも、そろそろ虫が湧いてきそうな雰囲気です。穴ぼこだらけのトマトも愛嬌がありますか(笑)

じゃんさん

厄介なのは実の底面が腐れる症状です。順調に実が熟れたと喜び収穫しようと思ったら底が腐っていて食べれないなんてことになりますよ。それと虫が中に入り込んでお先にいただいていますなんてことにもなります。
順調だと油断していると痛い目に会いますぞ。毎日観察を怠らないようにしてください。休みの日に潜りに行くなんていう時間もありません(笑)夜はヨトウムシ捕りがあるので夜釣りもダメです(爆)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">