狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

ミツバチの見学

知人の大工さんが飼っているミツバチを見学しに行ってきました。

といっても、本来の目的は、工作機械を借りて重箱式のミツバチ巣箱を作らせてもらう下見だったんですけど。

IMG_0463.jpg

飼っているのは西洋ミツバチですが、商業目的ではないので通常使われているラ式といわれるもではなく、日本ミツバチによく使われている重箱式です。

西洋ミツバチは、採蜜量が多いので6段ほどもありそうです。

IMG_0467.jpg

感心したのは、さすが大工さんです、細かいところに手が込んでいます。

スズメバチ対策では、六面すべてにスズメバチが入らないように網を張っています。

IMG_0468.jpg

前面は取り外しができるようになっていて、スズメバチが多く来だしたらはめ込むとか。


重箱も御覧のように、木を合わせているだけではなく溝を作って隙間が空かないようにしていますね。

IMG_0465.jpg

ちょっとわかりにくいですが、採蜜のときに切り離しやすいように角の面取りもしています。

IMG_0466.jpg

肝心の工作機械は、ありとあらゆるものが揃っていて建具なども簡単につくれそうです。

現に伺ったときには、複雑な継手をもつ棚を作っていましたから。

木材も買ってもらおうと頼んだら、大きな倉庫にいっぱい材木屋さんほども在庫の木材があり、それを使っても良いとか。

何から何まで揃っていて、これなら簡単に巣箱が作れそうです。

あとの問題は、私が作業する時間を都合することですかね。


あ!そうそう、記事にしていませんが、私が飼っていた2群の西洋ミツバチは全滅しました。

秋にスズメバチの猛攻撃を受け数が激減して冬が越せませんでした。

次は、こんなことにならないような対策をとるつもりですが、どうなることやら・・・


スポンサーサイト

コメント

いよいよ蜂ですか。どんどん深みにハマっていきますね(笑)

なんと素敵なお友達をお持ちでしょうか。
これならちょちょいと巣箱作りできますね。
巣箱以外にもいろいろ作れて楽しそう~!

ちなみに私の周りでとられているスズメバチ対策は
ペットボトルでつくるスズメバチ捕獲機での女王蜂捕獲。
(6月頃は女王蜂が1人でうろついているのでこれをとらえれば、これから増えるであろう一群が消滅することになります)
スズメバチ到来シーズンのネズミ取り用粘着シートでの捕獲。
(一匹とらえてくっつけておけば、仲間を呼ぶので一面スズメバチだらけに・・・)
なかんじです。
後は巣門を噛み破られないように、その時期だけアルミ板(空き缶をのばしたもの)を張り付けておくなども有効です。おしピンでとめられるので取り付けは簡単です。

ただ、殺しすぎるのはよくないので、スズメバチがあまり来ないことを祈ります。

しぇふさま

雑木の山、河川敷の菜の花、庭のサザンカ、耕作放棄地のセイタカアワダチソウ等々よくよく周りを見れば蜜になる花はそこいらじゅうにあります。いいとこに住んでるわ、移住して日本ミツバチを一緒に飼いましょう(笑)

オイノコさん

木だけ段取りしてもらおうかと思ってたら、工作機械を好きなだけ使っても良いとのことでメッチャラッキーです。ノコもカンナも必要なしで寸法通りに加工が可能ですわ。なんでしたら2,3個作っときましょうか?(笑)

スズメバチ対策ですね。なんとか共存という方向で対策ができないかなと考えていますが無理かな~?

一番心配しているのが農薬かな、話題のネオニコチノイド系農薬を果樹や稲作にバンバン使っていますからね。困った問題です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">