狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

初猟

本日、11月15日は、平成26年度の初猟日です。

土曜日ということもあって、YK氏と久々に初猟日からキジ猟に行ってきました。

IMG_0907.jpg

春の繁殖が良く多くのキジを見たということで県北の猟場まで行きましたが、午前中の出会いは2羽、それも早立ち(飛ぶ)で発砲チャンスもない。

午後からは、何年も行ったことがないキジ場に行きましたが、こちらも出会いが少なく2羽のみ。

しかし、一度だけ発砲チャンスがありなんとか1羽ゲット。写真はYK氏と愛犬。

IMG_0909.jpg

初猟でこんな貧相な経験は初めてです。

予定していたのは通いなれた県外猟場だったのに、と後悔しましたがいまさら悔やんでも仕方ありませんね。

まぁ、気長にボチボチやりますか。





スポンサーサイト

コメント

YKさんと川ガニさんの腕をもってしても一羽とは・・
かなり狡猾なキジだったのでしょうね。

しぇふさま

朝からキツネが歩いていましたから、出会いが少なかった原因はそれかもわかりません。シカやイノシシの足跡も多くてキジが安心して暮らせる環境ではないのでしょう。近いうちにこちら方面の鳥猟師は絶滅しそうです。

祝!鳥猟カムバック

川ガニさんの鳥猟をお手本にしてきた者としては、久しぶりの鳥猟ネタに感動です(笑)
これからも鳥猟ネタも楽しみにしています!

ニライパパさん

いや~、次があるかどうか(笑)久々に出猟してみて、やはりこちら方面のキジ猟は楽しくないと思いました。安心して発砲できる場所がない、というか、難癖付けられたらと思うと発砲出来ない場所ばかりです。だっだ広い関東平野でやるかな(笑)

こちらも

隣県の良いキジの付き場だった場所も、イノシシや鹿の足跡だらけ…。
見かけるのは民家の庭先だったり、線路の横の土手だったりで撃てません。

猟友会でも鳥撃ちハンターは3名のみで、本当に絶滅危惧種です。

今年は鳥撃ちも頑張ろうかな、と言いつつもシシ犬飼ったし(笑)。

ワタクシは、初猟11月1日以来、まだ一度もテッポーをぶっ放していません・・・
このままじゃ・・・・何も獲れない(@_@;)かもしれません~~~
キジはいっぱいいるので、撃とうかなぁ~~
はぁ~~獲りたいモノを獲りたいんですけど、なかなか難しいですわぁ~~

じゃんさん

やはりどこの猟友会でも鳥撃ちは激減しているんですね。
これからの猟師は農作物被害が深刻な四足やるしか生き延びる術はないということかぁ。

kuma仙人さん

私は一発撃っただけです(笑)
鳥猟は犬の捜索能力や回収能力などの猟芸を楽しむ猟で獲物を食べ物として捉えていないという面がありますから現代では異質な猟といえるかもわかりません。獲っても食べない人ばかりなんですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">