狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

イノシシのワナ(柵)

今年の有害駆除のワナ(イノシシ)担当は私が受け持て!と言うお達しになりました。

今までの担当者が去年辞めて、他に免許を持っている者がおらず仕方がありません。

猟友会が所有している柵が何基かあるらしいのですが、引継ぎが出来ておらずどれがそうなのか確認が出来ていないとか。

どちらにしても、昨年から有害駆除の巻き狩りが禁止になって、ワナしか出来なくなったので数が足らなくなりそうです。

そこで、新たに製作をする事になり、現在設置してある柵を見に行って来ました。

IMG_2151.jpg

IMG_2152.jpg

大きさは、1.0m×1.0m×2.0mから1.5m×1.5m×3.0mまでのものでした。

サイズによりイノシシの獲れが違うのかも解りませんが、設置が簡単そうなので一番小さなモノを製作しようかと思っていましたが、大きいほうが良く入るとかで、一番大きなものを作ろうかと思っています。

製作は、私と同じく今年から無理やりワナの駆除をさせられる鉄工所経営の鳥撃ち猟師です。

その人と一緒に現地視察しましたが、さすが専門家です。

この溶接方法は弱いからダメだとか色々と言っていました。

作動方法も決めていませんが、とりあえず予算内に納めないといけないので、安い見積もりをお願いしました。

私は柵を設置した経験がないので、獲れるのかどうか怪しいものです(笑)

駆除の許可は4月からなので、もしも獲れるような事があれば記事にします。

もしも、ってそれでいいのか?と怒られそうですね(笑)

スポンサーサイト

コメント

獲れたら・・・。

予約第一号で、お願いします(爆)。

セラヴィさん

有害駆除は夏場だけで、猟期には獲りません。夏場のイノシシはちょっと・・・らしいですが、挑戦するのでしたら予約第一号受け付けますよ。でも、獲れるのかな~?隣の猟友会の人も獲った事がないとか。獲れる秘訣を知っていたら教えてください。

有害駆除の後

とった獲物はお持ち帰り可なんですか?

猟期外の捕獲は行政なんかと取り決め行うんでしょうか?

すみません無知な物で。

個体限定

60kg以下の脂ののったメスの個体が捕まった時のみ私も予約入れさせてください。
ウソです(笑)

夏場とか発情期の匂いの強い個体は、ニンニクや生姜、ハーブ類を効かせたタレに漬け込んで、トンカツなんかにすれば食べられないことはないようです。
慣れが必要ですが…。

山菜などもそうなんですが、「油で揚げる」と匂いやエグミなんかが緩和されますよ。

busby6898

報奨金がもらえる獲物は、担当者が確認に来て写真を撮る場合があるようです。普通はシッポを持っていけば良いようですが。報奨金は猟友会に渡したり、猟友会と折半したりするようです。
獲物の処理は、各自で行います。地元の住民に食べる方が居れば差し上げます。引き取り手が居なければ焼却処分です。
有害駆除の捕獲数は、被害の度合いによって行政が決めます。住民から駆除要請があると、行政の担当者が現地に行って確認し被害状況の写真を撮ります。駆除依頼は、現地が解る地図、被害状況、依頼住民の住所電話番号が載っている書類をもらって、現地視察に行ってから始めます。以前は、被害を見越して駆除していましたが、最近は、被害が出て依頼が来ないと駆除の許可が出ません。後手なんです。被害を受けている方からすると、なんだかね~・・・

まっきーさん

それに付け加えるなら、子供を産んでいないメスですね(笑)
実は、この辺りのイノシシは夏場でも臭くないと前任者が言っていたんです。ほんとかな?と疑っていますが、それを食べた数人も同じ事を言っていました。それを確認出来るのは、獲れてからになるので、何時のことになるやら(笑)

ぜひ

夏の猪で生ハムを試作してみたいです。前足でも後足でもどちらでもいいですから骨付き皮付き(毛のままでいいです)で一本お願い致します。

ジビエ料理研究家としては、旬の猪と時期外れの猪の生ハムにおけるクオリティの違いを精査してみたいと思います。

首をなが~くして吉報をお待ちしておりまちゅ。

シェフさま

なるほど!研究材料ですね。了解いたしました。でも、獲れるのかな~?シェフの首がキリンくらいの長さになるかも(笑)

うちの猟友会ではこぬかを入れて、イノシシを誘います。設置場所もさることながら、マメに「飼う」のがこつのようです。あと、トメをおりの中で刺すと、血の臭いが残り、2頭目以降が入らなくなるという人もいますが、真否のほどは…。だって、おりから出してトメるって考えただけでも大変です。

トシベエさん

こちらでも米ぬかやモモ、リンゴ、カボチャ、サツマイモなどで誘うようです。米ぬかに秘密のモノを混ぜている人もいるようです。
マメに「飼う」ですか?なるほど!参考になりました。
血の臭いが残っているとダメだとか関係ないとか、人によって言う事が違うようです。農家の方が血を1滴も流さないように、と言われた時には困ったそうですが、今は良い方法が見つかったと言っていました。ネットでは書きにくいやり方です。突進してきたところにカウンターパンチではありません(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/136-5905d31c

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">