狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

イベントに出店(2回目)

11月15日から2月15日までの猟期はハンターのお祭りのような期間ですから、休日には予定を入れないというのが掟(笑)ですが、2回目になる地元商店会主催のイベントに昨日の日曜日は参加しました。

DSC_0012_convert_20150126095036.jpg

品揃えは、前日に投稿したブログの内容と同じです。

現地に店舗を設営して両側のお店に挨拶。片側は前回と同じお店でしたが、もう片側は千屋牛のお店、千屋牛といえば地元では有名な和牛です。

こちらも猪の串焼きを提供するので競合するには手強い相手だなと思いましたが、先方は、「猪肉?あんな臭い肉は何にしても駄目でしょう。」と言われ、まったく相手にしていない様子。

まあ、世間での評価は普通はそんなものですからね。私だって露天で販売している猪汁や串焼きは臭かったら嫌なので買わないですもの(笑)

そんなことで、食べてくれるのは役所の職員や知人が多いという、地元限定じゃないと商売にならない店舗です(笑)

それぞれの味付けは、子供が好むように濃くなくインパクトが少ない仕様。そのおかげか、子供には大人気で一人で猪汁を2杯も3杯も食べる子もいましたし、カニ汁や猪の串焼きも好評でした。

私としては、添加物の味付けで判断する大人より、素材の味が理解できる子供の評価が最も気にかかりますから嬉しいことです。

私のお店は利益を追求するのが目的ではなく、地元食材の良さを布教普及することですから、まずは次世代を担う子供からという考え(負け惜しみか?笑)

でも、今回は前回より人出が少なかったのに売り上げは2割アップで利益が出ました。

利益が出たといっても、自分で獲ったり収穫したものが多いので値段設定は食材費の価格のみですから、人件費が価格に入っておらず普通なら大赤字という結果でしょう。でも、人気だった鮎の塩焼きだけは採算がとれてます。

布教のために、無料で猪の串焼きと猪汁を食べてもらったお隣の千屋牛の串焼き屋さんの評価は「まったく臭みが無く、これなら良い。他もこういう猪肉を販売してくれたら評価が上がるのに。」とのことでした。

今回の布教活動は、そこそこの成果を挙げて終了しました。

次回の予定は、来月末くらいです。



スポンサーサイト

コメント

昨日はありがとうございました

昨日はホントに楽しかったです^ ^
子供達が「しし汁もう1杯ちょーだい!」って、美味しそうに食べてるのを見てると心温まりました
頂いたカニ、我が家で早速カニ汁にしました
ありがとうございま〜す^_^

やっぱり、おいしくない、と長年すりこまれた大人には中々勇気がいるでしょうね。
僕も刷り込まれ組みでしたが、狩猟をするようになって、直接、信頼のおける罠師さんから頂いた不生のメスの旨さ、ビックリしました。
牛肉の乳臭さのほうが嫌いになりました。(^_^;)
布教活動頑張ってください!

teraさん

お世話になりました。お疲れになったでしょう。大変助かりました。
子供に愛される店、No.1を目指して次回も頑張ろうかと考えています。で、次回がほんとにあるのか?(笑)
そうそう、作り方教えたから次回は作って来て!(爆)

坪ちゃんさん

初めて食べて臭い不味いだと2度目はありませんからね。私の周りでは布教が浸透しつつありますが、肉の注文が多くなって捕獲と処理が間に合わなくて困っています。教祖も大変ですわ(笑)

いつも楽しく拝見しています。

川ガニさんじゃなく、川ガニの汁が食べたく、購入したいのですが、どちらのイベントに行けば購入可能でしょうか?

私の父も大好きで、近所の魚屋で昔は売られていましたが、最近は全く売られていません。

次回のイベント開催日も合わせて教えて頂けるとありがたいです。

寒い日が続きますので、御自愛下さい。
失礼します。

倉敷人さん

こんにちは。いつもご訪問ありがとうございます。
倉敷方面の方は川ガニが好きな方も多いようですが、こちら(玉島)方面は、海に面しているので海の漁港や魚市場が多くて川魚とは縁が少ない地区です。知っている方も少なくて販売面では苦労します。
高梁川で川ガニを捕っている人は少ないので入手は難しいでしょうね。次回の出店は、2月22日(日曜日)の予定です。川ガニが少ない時期的ですから川ガニ汁が作れるかどうか微妙なところです。出店場所は、1回目、2回目とも玉島の清心町商店街ですが次回はまだ未定です。おそらく変更はないと思いますが、何せ主催者はのんびりした者が多いので数日前でないとわかりません。決まりましたらこのブログでお知らせできたらと思いますので宜しくお願いします。

今度は店舗名を作って看板を掲げるというのはいかがでしょう(#^.^#)

あれこしぇふさま

さすがしぇふ!そうなんでうよ、ブランド化を図るには店舗名が必要なんです。なかなか良い名前が浮かばないんですが、ジビエの有名店の店名をまねして「アレコーレノ」なんてどうでしょうか(笑)

ありがとうございます。

2月22日に開催が決まれば、必ず、買いに行きます。
川ガニさんが、川ガニの捕獲に成功している事を願います。
老齢の父親の喜ぶ顔が目に浮かびます。

余談ですが、父が「昔みてーに、天然のうなぎがくいてーの~」って、しょっちゅう言っているので、今後、天然のうなぎが捕獲できたら、是非、ブログにUPして下さい。
もし、夏のイベントで販売するようでしたら、是非、お譲りください。

勝手を言って失礼しました。

倉敷人さん

天然ウナギですか・・・以前は夏場に捕りに行ってましたが今は忙しくって秋の落ちウナギだけです。それもここ2年は不漁ですからね。どちらにしてもイベントはとりあえず次回で終わりで後の予定は未定です。また開催したとしても声が掛るかどうかもわかりません。もし夏場に出店するようでしたら川猟師としては天然ウナギを提供したいので捕りに行きたいですね。でも値段が高くなりそう(笑)

川ガニ様

個人的な、お願いをして大変申し訳ございません。

昨年、私の知り合いの倉敷市街の日本料理店さんで、「父が天然うなぎが食べたいから、天然うなぎのフルコースをお願いしたい」と、お願いしました。

帰宅中の車中で、父が「あれは天然うなぎじゃねぇ~な~」と言いました。

私は、翌日、どうしても納得が出来なくて、お店に、父が「あれは天然うなぎじゃねぇ~な~」と言っているけど、本当はどうだったんでしょうか?って聞くと。

店主は、「ごめん、天然だと値段が高すぎて、天然と養殖の半々にしたんよ」、、、、、、

あきれて言葉が出ませんでした。

昨今、天然うなぎは超貴重なのは存じ上げていますので、川ガニさんの「言い値」で
買いますので、もし、豊漁な時があれば、3~4本お分け下さい。
その時、是非、ブログUPお願いします。

ながなが、個人的なことを語り、大変失礼しました。

店名「アレッ?これな~?!」ですか。
来月は行ってみたいなぁ。

倉敷人さん

天然もの頼んで実は養殖だったなんてことはよくあることですね。私も四万十川まで行って天然鮎頼んだのに養殖鮎だったという経験があります。天然仕立てとか半天然とか紛らわしい養殖ものが出回っていますから。なので私の場合、美味しいものは自分で捕って食べるというスタイルになっています(笑)

天然ウナギは同じ河川でも時期や生息場所、餌で味がぜんぜん違いますから、お父さんのお好みがどれなのかなぁ?ま、どちらにしても6月以降じゃないと解禁にはなりませんから期待せずにお待ちください。
そういえば、冷凍庫にまだウナギが残っていたような?もしかすると次回に登場かも?(笑)

小師匠さん

店名は色々と考えてみてください。決定者には猪の串焼き1本プレゼント!←セコイ(笑)
来月来ますか?来られれば串焼き1本としし汁1杯、エスプレッソコーヒー1杯をサービスしますよ。それともれなくお手伝いもできます(笑)

川ガニ様

>>>そういえば、冷凍庫にまだウナギが残っていたような?
>>>もしかすると次回に登場かも?(笑)

是非、是非、2月22日イベントが予定通り開催されるなら、冷凍庫のウナギも販売して下さい。川ガニと一緒に、朝一番に買いに行きます。

「親孝行したい時には親いない」と言います。私は、親不孝者で、迷惑ばかり掛けた人生でした。せめて、老いた父に、大好きな、うまいものを腹一杯食べさせてあげたい気持ちで過ごしています。川ガニさんの迷惑も考えずに、コメントさせて頂きました。本当に不躾で申し訳ございません。

川ガニも捕獲に成功して、冷凍庫にうなぎがあれば、是非、出品、お願いします。


倉敷人さん

なんだか思わせぶりなことばかり書いて申し訳ありませんね。
私も両親には好きなものを食べさせておこうと日々考えています。今日も昨日食べた猪の串焼が旨かったからもっと食べさせろと言っていましたので近日中にまた作ろうかと考えています。
ウナギは冷凍焼けで食べれないかもわかりませんし1匹だけだったように見えました。とにかく出店することが決まり材料が揃ったら数日前に記事を投稿しますので宜しくお願いします。

>>>なんだか思わせぶりなことばかり書いて申し訳ありませんね。

とんでもございません。
もし、いけそうならで構いませんので、どうぞお願いします。

御返答ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">