狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

羽毟りから肉へ

2週で獲ったヤマドリとキジの処理をしました。

DSC_0014.jpg

ヤマドリは中っている弾数が少なく、そこそこ脂のあるのもいてまずまずの状態。

DSC_0013.jpg

一度には食べきれないので冷凍保存しときます。

DSC_0015.jpg

何して食べようかなぁ?

イベントで串焼きにでもして提供しますかね。食べたことがある人はほとんどいませんから貴重な経験ができると思います。でも、ヤマドリの存在なんてだ~れもしらないから売れないでしょうか。

そういえば、ヤマドリ猟に行って昼食に地元の人に話しかけられ「鍋料理をするのにいろんな鳥でやったけどやはりヤマドリでないとほんとうの味が出ない。獲れたら1羽1万円で売ってくれない?」と頼まれました。

串焼きもそうですが、ヤマドリは販売禁止という法律があるので、それって駄目じゃないのかなぁ?そのおじさんは、昔、地元の猟師が1羽1万円で売っていたからその金額でどう?ってことでしたが。

以前には、「昔はヤマドリ1羽と米1俵を交換していた」という話も聞きました。1俵だと2万円だから1袋だったのかも。

焼き鳥にしたら1羽で肉が450gくらいとれるので、1串30gとして450g÷30g/本=15本、10000円/羽÷15本=670円/本。

げ!肉の原価で1串670円だわ。販売するとなると1串1000円くらいにもなりそう。

凄い値段ですね~!

猟師でよかった(笑)


スポンサーサイト

コメント

一羽一万円なら10羽で10万・・と、すぐに皮算用が頭をよぎります(笑)

あれこしぇふさま

これだけの労力を紙切れと交換だなんて絶対に嫌ですね。もっと価値あるものとだったら交換しますけど。たとえば千屋牛とかコウタケとか日本ミツバチの蜜とか無農薬米とか・・・要するにただ食い意地が張っているだけですな(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">