狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

空気銃の調整

今猟期は年内が気温が高くて、正月頃から一気に低下しました。

その気温低下の影響で、空気銃のグルーピングが悪化し、ヘッドショットが出来なくなりました。

仕方がないので、弾の種類を替えてグルーピングを改善させましたが、今度は、獲物に対するインパクトが弱すぎて逃げられてばかりとなりました。

この事については以前に記事にしました。

あれから、終猟まで元の弾に替えて3発でも良いから、再現性のある当たる領域を探しましたが、ダメでした。

もしかして、スコープが原因かも?と思いセッティングを変えたり、ターゲットノブの操作方法に気を使ったりしましたが、それもでもダメでした。

猟期が終わり、原因は弾速の低下しかない!と結論付けて約5パーセントの弾速調整をしました。

F1000284.jpg


そして、グルーピングテストをすると、充填圧による特性が少し変わりましたが、非常に良く当たりだしました。

スコープ越に見える弾道が、調整前にはカーブして着弾していたのですが、調整後には真っ直ぐに狙点に向かって飛んでいます。

以前と同じような精度がありますし、精度を保てる弾数も増えました。

これで、来猟期の心配もなくなりました。

早く来い猟期!(笑)

それにしても、個々の弾により特性が違うものですね。

弾速が高すぎると当たらなくなるのは解っていましたが、低すぎても当たらなくなる弾があるのですね。

今回も大変勉強になりました。

スポンサーサイト

コメント

こんなにバラバラにして調整出来るなんてすごいですっ!!(@@)

シェフさま

バラバラにし過ぎたので、ネジの締め忘れがあったかも?エアー漏れで爆発しないか心配です(笑)

凄い

私の410もこのところ当たりにムラが出ます。
スコープ調整してもすぐに着弾点が変わったり、半矢量産したりそろそろオーバーホールに出そうかと考えてます。
私はここまで分解する勇気がありません。部品2~3点無くしそう。

ルース2191 さま

空気銃は繊細な銃なので少しの事で当たらなくなりますよね。オーバーホールに出すのも一つの手段ですが、簡単な原因で当たらなくなってるのかもわかりません。ご存知かも解りませんが、以下の事を実施してみては如何でしょうか。
①各部の締め付けチェック、特に銃身とタンクを連結している、銃先端の8の字部分が緩んでいる事がよくあります。2mmの6角レンチで締めます。
②弾倉をはめ込む部分から銃身を覗くと黒いOリングが見えます。これに亀裂が入っている場合がありますので、取り外して新品と交換します。
③これはやられていると思いますが、銃身清掃です。非常に重要な事なので定期的に行います。清掃後の2~3発は着弾が安定しません。長期に実施していなければ鉛を溶かす液体を使う事もあります。
④気温が下がっているので、当たる領域の充填圧が変わっているのかもわかりません。弾速計をお持ちでしたら、弾速チェックして以前と比較するとわかります。お持ちでなければ、いつもより充填圧を上げて着弾テストをして確認します。
⑤気温低下により弾速が低下して、今お使いの弾が当たる弾速領域を外れているかも解りません。重量弾をお使いでしたら、普通弾に変えると着弾が安定すると思います。但し、普通弾では弾速が高過ぎて当たらない場合もあります。
以上の事は時間があれば簡単に出来ると思います。
S410は各部の剛性が高いのと、消耗部品のOリングをあまり使っていないので、故障する頻度は少ないと思います。私の銃の場合、低温期の弾速低下が大きいので、それが原因で当たらなくなっていました。

はじめまして
私もS410を3年ほど使っており、ちょっとしたことから銃身まで分解したことがあります
幸い、その後も支障なく使っておりますが、お話の中にあった
薬室相当部分のOリング交換はその都度分解しているのでしょうか?
それとも外部からの取り出し・装着でしょうか?
また、Oリングは純正部品でしょうか、それとも規格品でしょうか?
規格品であればP-○○など、教えていただけませんか?

質問、お願いばかりですみません。

私もS410 さん

いらしゃいませ。
ご質問の、Oリングの交換は、弾倉をはめ込む部分からでも交換が可能です。銃身をはずしても真鍮部品の接着を取らないと交換できませんので、そのままの状態からでも同じです。取り外しの時には何かで引っ掛けて取ればいいですが、挿入の時には傷が付かないように気をつけてください。Oリングはホームセンターでも売っている、水道の補修用を使っています。二トリルゴム製の4.8×1.9ミリです。ノーマルより僅かだけ太いような気がしますが、特に問題ないようです。
S410は気に入って使っていますが、冬場に弾速が低下するのが難点です。その原因を見つけて、対策したいと考えていますが、さて、どうなりますか?
また、お気軽にコメントしてください。

ありがとうございます

早速のお返事ありがとうございました
私も分解した際にサイズは測ったつもりでしたが、データがどこかに行ってしまい・・・
確かに銃身の分解は大がかりで、二度とやりたくない作業ですので
外部から出来るとわかり安心です、Oリングも安価ですしね。

分解ネタで、何か良いお話がありましたらお願いします
ネット上にもなかなかそういうサイトがありませんので非常に参考になります。

私もS410 さん

分解ネタですか?消耗部品も少なく、特に分解してメンテナンスする必要性は感じませんが、注意しないといけないのが、銃身を外した時に銃身後端部のOリングを止めるキャップが空回りして、通気孔の穴を塞ぐことがあるということです。それに気が付かず組み立ててしまうと、弾速が落ちて当たらなくなります。組み付けた後には、目視では確認できません。
ノーマル銃で、着弾を安定させようとするのであれば、分解してもあまり意味はないと思います。気温による弾速チェックと試射で、最適圧と有効弾数を知る事が一番のように思います。あと、スコープが原因で着弾が安定しない事が多いので、信頼性のあるものを装着する事ですかね。私も、もっと良いものに変えたいと思っているのですが、ライフル用が多く、近距離が使える空気銃用の良いものが見つかりません。50万円もする高価なものもありますが、マウントが問題のようです。
空気銃は繊細な道具なので、使いこなすには熱心さと忍耐強さが必要なようです。厄介な鉄砲です(笑)

了解です

銃身後端部のOリングを止める真鍮キャップの件、了解です
実際組み込む際に穴の大きさに違和感を感じ、リューターで穴の大きさを合わせました
エンジンで言うところのポート研磨状態です。
その他、ストライカ周りの清掃と軽い注油で、騨速は向上しました。
当方は近所のダイビングショップでエアーの充填をしている関係で
スタートは190気圧チョイで、弾はFX16gr、騨速はMAX310m/s程です
グルーピングに関しては甘いかもしれませんが、ボディー狙いなので・・・

銃の個体差も有るでしょうが、お勧めの弾、理想の騨速など
川ガニ様のこだわりもお話ししていただければ嬉しいです。

私もS410 さん

ダイビングショップをされているのですね。エアー充填の心配がなくて良いですね。エアーの残量が解る計器ってないんですかね?いつも急に無いことが解って慌てて送って充填してもらいます。先日なんか、間に合わなくて空気入れで充填しました。
お勧めの弾は特にはないですが、JSBで作っているものは精度が良いようです。最も重要なのは、弾に合った弾速で使う事だと思います。S410だと弾速調整がし辛く、同じ弾を使うので解りにくいですが、ポンプ銃を使っていると、弾に合わせた弾速設定ができるので、競技用の弾から重量弾まで良く当たります。
PCPの場合、弾による空気圧の領域をどの当たりに持ってくると良く当たるかを知る事が重要だと思います。私の銃では170気圧くらいからが良いです。
弾速がMAX310m/sの気温と、常用弾速領域がいくらかわかりませんが、FX16grですと高すぎるように思います。でも、冬場には良く当たる領域になるかも解りません。S410の欠点は、気温による弾速の差が大きいことなので、それを解消できる方法を模索中です。

サラリーマンです

ダイビングショップは近所にあるというだけで、私はサラリーマンですよ
ダイビングタンクの残圧は、チャ-ジアダプタのメーターで確認しています
200気圧程でチャージをし始め、140気圧ほどになったら充填しにいきます
140気圧で初速295m/sほどで、33ft/lbs程度のエネルギーはあるようです。
150気圧までは300m/sを超えますので、もっと重い弾を使った方がよいのでしょうか?
しかし重量騨では弾道の放物線が曲線的になり、補正値が大きくなるのが気になります。
この辺が悩みどころですねぇ・・・

私もS410 さん

あっ、ほんとだ!「近所のダイビングショップ」と書いてありましたね。失礼しました。
なんだか、弾速計が私のとは違うようですね。私は、combroを使っています。
年間に気温の差が大きな地域にお住まいですかね?気温の低い時期にcombroで300m/sは、高すぎると思います。気温の高い時期に290m/sくらいならなんとか?って感じです。気温に関係なく、280m/s以下260m/s以上だと問題ないと思います。経験上、その範囲外ですと気温とか弾によって変わってくると思います。FX弾だとグルーピングが良い弾速の範囲はかなり広いでしょう。
一度、50m射場で190気圧から普通弾と重量弾で着弾テストをして見られたらどうでしょうか?再現性のある、グルーピングが良い範囲が見つかると思います。S410の実力としは、ctc15mm以内です。悪くてもctc20mm以内にはまとまるはずです。それが5発か20発かは解りませんが。
どうしても普通弾にこだわるのでしたら、チューニングショップにお願いして、弾速を下げてもらうのも手です。ただし、冬季に弾速が下がり過ぎて当たらなくなるかも解りませんが。

弾速計

当方、メインの弾速計はクロニーを使っています
というのもcombroでは計測不可が多発し、すぐに使うのをやめました
水蒸気の白煙のせいかもしれませんが・・・

薄暗い射場で、クロニーの外部光源には自作LEDの光源を使っています
コレでバッチリなんですが、問題は射場が遠いことで、県内にありません
隣県の射場まで2時間ちょっと掛かります。
来猟期までにはグルーピングのデータ取りをしたいと思います。

私もS410 さん

友達が持っているcombroも調子が悪そうです。私のは、不具合無く使っています。イギリスのメーカーから直販で買ったのが良かったのかな?銃身にセッティングし易い付属品付きです。
射撃場がそんなに遠かったら不便ですね。データー取りは猟期に近い気温の時にしないと意味がないと思いますよ。

シリンダーのハズシ方

こんばんは。数ヶ月前やっと念願のAIR ARMS S410HP(中古)購入しました。

ご先輩の皆様に少々ご教授していただきたいのですが・・・

①410のシリンダーのはずし方&再取り付け方を教えてください。(キズが目立つので研磨&ガンブルー染め?したいので)

②ストックも仕上げ直ししたい(現状ニス塗り?→オイル仕上げに変えたい)のですが、チェッカリングの部分はどのように研磨するのでしょう?

③スコープ&マウントの交換方法。

ご存知の方、何卒宜しくお願いします。

空気銃ビギナーさん

コメントありがとうございます。
私と同じS410を購入されたのですね。この銃は特性を把握できればよく当たる銃だと思います。
ご質問の件ですが、私のわかる範囲でお答えします。
①②の件は、やったことないのでよくわかりませんが、①のガンブルーは工程が複雑なので自分ではやらない方がいいようですよ。塗るだけだと艶消しになるしムラになるようです。
②のチェッカリングの研磨はまったくわかりません。銃砲店に聞いてみてください。
③の件は、S410の弾倉は背が高いので、マウント選びには注意してください。交換方法は、簡単に言えばネジを緩めて締めるだけです(笑)注意するのは、一度に締めない事と締めすぎないことですかね。これも銃砲店で指導してもらった方が良いと思いますよ。
なんだか、答えになっていないようで申し訳ありません。
私は岡山県倉敷市ですが、もし、お近くでしたら射撃場か銃砲店でご指導しますが?「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて連絡先を教えてください。

川ガニさん、ご回答&ご提案ありがとうございました。
残念ながら、当方居住地が神奈川県です。ですが今後ともよろしくお願いします。

ところで、過日、スコープ&マウントを付け替えたのですが、着弾が大幅に左に寄れ、ウインテージの調整範囲で補正できません。(R方向へいっぱいまで回してもダメ)
マウントの取り付けを前後・左右を変えて付けてみても同じ結果でした。
この場合の対処法、川ガニさんご存知ですか?
また、どなたかアドバイスをお持ちの方おられましたら教えてください。
お願いします(>_<)

ビギナーさんスコープ載せ替えの件

S410の場合シリンダ先端に8の字型のバレルクランプが付いてます
そこを1度角度調整した方がいいかもしれません
そこの角度がズレてバレルが左に押し当てられているのかもしれません
良くわからないなら一度購入の銃砲店にでも相談された方がよろしいかと・・・

空気銃ビギナーさんの件

エアーマニアさん、アドバイスありがとうございます。
空気銃ビギナーさん、エアーマニアさんが御指摘の箇所は非常に重要な部品です。振動や衝撃で微妙にずれるだけで、着弾が大幅に変わりますよ。

エアーマニアさん、川ガニさん、ご親切にコメントありがとうございました。

8の字クランプの件は他の方からのご指摘で試していたのですが、銃口(シュラウド先端)をかなり右(一見して明らかに右寄りと分かる位)にずらしてようやっと着弾が修正できる様な状態です。 こんなに曲げて他に問題がでないか少し心配ですが・・・

購入先銃砲店へも聞いてみましたが、「そんなの電話で教えられるような簡単なモンじゃない」。「マウントを銃へ締め付けるネジの締め加減で調整する」ような事も言われてました。
スコープ取り付け・調整とはこんなにむずかしい?ものなのでしょうか・・・?

PS.ボアサイターなる物を用いると何が出来る(分かる?)のでしょうか?



空気銃ビギナーさん

「着弾が大幅に左に寄れるのが、マウントの取り付けを前後・左右を変えて付けてみても同じ結果でした」ということから考えて、マウントが問題ではなく、8の字クランプが原因かと思ったのですが・・・他にも色々と原因は考えられますが、今まで使っていたマウントとスコープが問題なかったのであれば、後残っているのはスコープだけということになりますね。でも、まさか新品のスコープが原因なんて事は・・・???アイリリーフの調整ネジを緩めすぎているとか?
考えられる他の原因と言うのは、それ以外の場所になります。
カバーの部分の6本のネジが上手く締め付けられていないとか、弾が干渉しているとか、銃身の固定部に問題があるとか。
一度空気銃に詳しい銃砲店に相談した方が良いと思いますよ。

マウントとスコープの取り付けはそんなに難しくないと思います。

ボアサイターは、その距離を撃たなくてもゼロインが出来る器具です。構造上、S410には使えないです。

川ガニさんへ

こんばんは。
いつもご親切にありがとうございます。
ご指摘の件、一応チェックしてみたのですが異常は見当たりませんでした。
「アイリリーフの調整ネジを・・」はいまひとつ確認に仕方?がよく分からないのですが・・・(^^;
410に詳しいそうな北海道の親切な銃砲屋○○ネットさんにも何度かお尋ねしてみたのですが、結論としては「現物を見てみないとどこが原因か解らない」というお返事でした。

とりあえず、仕方ないのでしばらく銃口(シュラウド)右寄りのままで使ってみようと思います。
いろいろとありがとうございます。

PS.「ボアサイターは構造上、S410には使えない」
お時間ありましたらその理由を教えてください。
また、マグネットサイターというのもあるようですが、これも410には不可ですか?


空気銃ビギナーさん

そうですね、やはり、親切なハンティングネットの社長が言われるとおり「現物を見てみないとどこが原因か解らない」と言う事でしょうね。
試射にしても、弾の種類によっては弾速が高すぎると着弾が大幅にずれる事はありますので。

ボアサイターの件ですが、銃身関係のことに関してはデリケートな部分があり、ここでは詳しく説明できませんので、その件に詳しい、親切なハンティングネットの社長にお聞き頂くのが良いと思います。もしかすると私とは違う回答をお持ちかもわかりません。

あまりお役にたてなかったようで、申し訳ありません。

川ガニさんへ

とんでものない。いろいろ親切に回答くださりありがとうございました。
今後もよろしくおねがいします。
ところで川ガニさんは銃は何をお持ちですか?
僕は散弾から始まりました。もうかれこれ20年?位前からですが。
レミントン1100とSKBのオーバーアンダーを所持しています。
昨年末のあの事件で既にかなり複雑メンドウ且つ何かと所持経費の係るわが国の銃刀法が5月からさらに厳しくなり、まったくもって大迷惑です。
スコープごしに標的を射止める昨今のハイパワー空気銃はまさにゴルゴ13もどきの世界ですね。
クレー射撃とはまた違う楽しさがあります。
当分ハマリそうです。
射場が近くに無いのが大変残念ですが・・・

空気銃ビギナーさん

わたしが持っている銃は、散弾銃が、ベレッタの自動銃ポリスマンとベレッタのスキート銃ASEGOLDです。それと、銃砲店に預けている、ホーランド&ホーランドの水平銃です。
空気銃は、散弾銃とは違った面白さがありますが、とても繊細な銃なので、射撃場では良いですが、狩猟で使いこなすにはかなり難しいです。でも、そこが面白いところでもあるので、はまってしまうんです(笑)

川ガニさんへ

長らく返信出来ず誠に失礼しました。当方のパソコンが全くの不調になり、いろいろ試しましたが直らず、泣く泣く中古に買い替えました。何より、保存データ等のバックアップを取って置かなかったので今まで取り貯めたものがほとんどパーになってしまいました・・・(TT)
以上のような次第でご返事が遅れまして申し訳ありませんでした。

かなり暑くなってきましたが元気にお過ごしですか?
それにしてもホーランド&ホーランドとは!スゴィですねー。おみそれしました。
実猟もなさるのですか?

空気銃ビギナー さん

パソコンとは25年ほどお付き合いしていますが、データーが壊れて困った事が何度もあります。今では、1日に2回ミラーで予備のハードに保存しているのとハードディスク35GBにも保存しています。もしも会社が燃えたら困るので外付けのハードにも保存して家に持ち帰っています。ここまでするバカはあまりいないでしょうね。でも、これで夜もぐっすりと寝れます(笑)
この暑い中、毎日駆除に出動しています。これで2週間です。どうしてここまでしないといけないのかと考えますが、ようするに好きなんでしょうね(笑)
ホーランド&ホーランドと言ってもランクが低いので、車で言えばロールスロイスの軽四ってとこです。あまり自慢になるようなものではないと思います。
実猟は大好きですから、猟期中は時間が取れれば平日でも銃を持って何か獲ってやろうとウロウロします(笑)

川ガニさんへ

お疲れ様です。
こちらも(神奈川)も本格的に暑くなってきております。
当方、仕事が現場関係なのでこれからの時期はホントーにシンドイ。。
格子無き牢獄状態です(><)
「この暑い中、毎日駆除に出動」とありますが、何を駆除されているんですか?
役所からの要請でしょうか?
ライフルは持たれていますか?
僕もフトコロと時間に余裕があれば次はライフルをやってみたいのですが。。
許可は中々下りないのでしょうかねー

PS.ご教授お願いします。
例の410へ載せ変えたスコープに関してなのですが、エレベーション、ウィンテージ共、ダイアル調整範囲の真ん中?辺りでしか作動しません。
ダイアル端々の方ではいくら回しても着弾が変化せず、上下左右共ノブダイアル自体は回せばカチカチ音がしますが標準調整?は効いていないようです。 
通常、スコープのエレベーション、ウィンテージの調整が効く範囲というのはこれが普通なのでしょうか?

空気銃ビギナー さん

駆除は住民からの要請が役所に行き、そこで被害状況や場所を確認後に私に駆除依頼の連絡が来ます。今許可になっている鳥獣は、カラス、スズメ、ヒヨドリ、ヌートリア、イノシシ、タヌキです。無報酬なんですよ。

ライフルは持っていないです。こちらではあまり必要がないので許可が下り難いようです。

話の内容からスコープは1インチのものでしょうね。それがΦ30mmやΦ34mmだともっと調整範囲が広いです。スコープによって違うかも解りませんが、ダイアル端々1回転くらいは反応しない範囲です。
私もしていますが、後ろ側のマウントに伸びない素材のものを咬ませて調整範囲を広げると良いと思いますよ。それとノブを回しても追従しない事がよくあります。その時には、銃の底を叩くとかの振動を与えてやると動いたりもしますし、ダイヤルを多めに回して戻したりすると作動したりします。
スコープは厄介な代物です。

川ガニさんへ

お疲れ様です。
なるほどー。ありがとうございます。
スコープとは結構デリケートと言うかいい加減というか・・・いずれにしても簡単なものではないんですねー。
載せ変えたのはHAWKE SIDEWINDERというヤツです。某トイガン店にて安価に売っていたので入手しました。
レンズのクリア度は以前の購入時から付いていた(ボシュロム製?)ものよりだんぜん明るくキレイで満足なのですが、いかんせんダイアル調整がいくらも効かないのはマイりました。
やっぱ高いの(リューポルドとか)じゃないとダメなのかなー。

あとまた410の話しなのですがシリンダー内空気圧の増減でも着弾はかなり変化するものでしょうか?

空気銃ビギナー さん

値段の高いスコープと言うのは、それなりに信頼性が高いと思います。私はリューポルドを使っていますが、特性を知って使っているので特に大きな不満はありません。でも、もっと性能の良いものが欲しいと思っています。狩猟は1発勝負ですからね。

シリンダー内空気圧によって着弾はバラバラになりますよ。ノーマルのS410でしたら180気圧前後が最も着弾が安定する領域だと思います。長距離射撃場で200気圧くらいから撃ち始めてグルーピングを確認する必要があります。最も良い領域で何発撃てるかを知っておかないと獲物は獲れないと思いますよ。それと着弾は夏場と冬場の気温差によっても変わります。今の時期に良く当たっていても冬場には当たらなくなるかもわかりません。
私の銃では50mのグルーピングがctc15mm以内5発以上にまとまるセッティングまで煮詰めます。空気銃は繊細な銃なので妥協は許されません。な~んてね(笑)

川ガニさんへ

おつかれさまです。
連休はいかがでしたか?
こちらでは恒例の花火大会があり、大賑わい(好評51万人)でした。

また、最近は深夜放送されていますゴルゴ13を心待ちに見ております。

50Mで15mmですかっ。 私の場合、そのレベルに到達するにはまだまだ時間(経験)が必要です。
勿論、風の影響等受けない射場での数字でしょうか?
川ガニさんの410でのロングショット歴などは?
この銃はどの位の距離まで狙えるものでしょう?

空気銃ビギナー さん

連休には花火見物ですか、良いですね~。私は毎日イノシシのワナ見物で何処にも行っていません(笑)
50Mで15mmというのは、銃が持っている精度ですから銃の特性が把握できれば普通にでますよ。
ロングショット歴ですか?鴨のヘッドショットなら80m、鵜の胴体うちで120mです。鵜だともっと距離を伸ばせると思います。友達は198mが最大です。でも半矢ですけどね。即倒は150mくらいのようです。
鴨を狙えるのは相当な距離まで大丈夫ですが、即倒させる為にヘッドショットなら80mで50%くらいの確率だと思います。

川ガニさんへ

こんばんは。
去る日曜日は狩猟免許更新講習へ行ってきました。女性もちらほらといました。視力検査が難なくパスしたのでホッとしました。 それにしても法改正でこれまで一年有効の弾許可が半年と期間が半減したのに申請料は同額というのは全くけしからん。これでは弾のまとめ買い、自宅保管を余計に拍車をかけるような気もしますが。。
80m、120mですかー。ウラヤマシィ。
弾は何を使っているのでしょう。弾道はかなりドロップしますか? 私の場合、場所的な都合で普段は12m、もしくは70m(おおよそ)のみでしか撃つことが出来ないのですが、弾道ドロップというのは距離によってどの位変わるものでしょう? 無風状態でしたら距離の増減に関係なく着弾に左右の変化はほとんど発生しない、と考えていいでしょうか?

空気銃ビギナー さん

今と同じ法律にしていたら佐世保の事件は起きなかったのでしょうか?起きなかったのなら法改正もやむ得ないと思いますが・・・
空気銃の弾は各種使っていますが、S410には主にバラクーダ、FXなどを使っています。
距離が40mを超えるとかなりドロップするしますよ。弾の初速、種類などによってドロップ量が決まります。そのあたりの数値が解れば、弾道曲線から数値が読み取れます。それは計算上の数値ですが、実際の値と大幅には変わらないと思います。40mから50mだと3cmくらいですが、距離が長くなるほどその値は大きくなります。距離の読み違いでまったく別な場所に着弾します。
長距離射撃で最も問題となるのが、左右の変化量だと思います。銃身の状態や銃身の種類、スコープの取り付け方、弾の種類、弾速、距離によって変化します。それらを上手く調整して左右変化が少ないようなセッティングにすれば、長距離でも当たるようになります。
弾道曲線は風の影響も計算できます。私の場合、実際の風速で距離毎の変移量を計っています。

川ガニさんへ

お久しぶりです。夏休みはいかがお過ごしでしたか?
返事が遅れ失礼いたしました。当方、急な出張仕事を請け負わされおとといまで福島へ出向しておりました。なのでただいま時期はずれ夏休みを過ごしております。やっぱり自宅はいい(^^)
もう来週は9月ですねー。それにしても今夏は雨・雷が多いような。。 そちらはどうですか?

空気銃ビギナー さん

今が夏休みなら混雑する事も無く好都合で何処にでも行けますね。
私は夏休みを取っていません。でも、他の人から見れば毎日が夏休みかも解りませんが(笑)
世間では豪雨や落雷で大変そうですが、私が住んでいる地区は全国で最も晴れの日が多いからなのか、今年も少雨で水不足が心配されています。もっと大量に雨が降らないかと思っているほどですよ。

川ガニさんへ

こんばんは。きのう数ヶ月ぶりに射撃場(クレー)行ってきました。残念ながらライフル射場(空気銃も)ありません。土日は(射撃場が)異常に込むので平日にしか行けません。東京都には射撃場がまったくないので都内のシューターもここへ(大井)来るからです。あの大東京で射撃場がひとつも無いというのは・・・
都の銃砲関係者は麻生新総理に強くお願いするべきだ。最後のチャンスではないでしょうか。こないだの北京五輪、クレーで日本女子がメダル取ってればなー・・。日本国内での認知度にも貢献したでしょうが。。4位ですよね、惜しい。

空気銃ビギナー さん

人口が最も多い東京都に射撃場が無いなんてビックリです。土地価が高くて採算ベースに乗らないのか?住宅地から離れた適当な広い土地が無いんでしょうね。それとも住民感情からかな?
オリンピックはほんと惜しかったですね。競射で負けるとは残念です。男子は出場もできなかったんですかね。世界とのレベルの差は大きいですから。
空気銃ビギナー さんが、頑張って日本代表になりメダルを取れば射撃場ができると思いますよ。

いちなり入ってすみません

空気銃ビギナーさん、はじめまして。ちょっときになったことがあるので、書き込みします。2ちゃんねるの「狩猟用エアライフル情報交換!」6すれ目をみていたらここの事が載っていたのでみてみてください。786の人が以前スコープの調整のことで書かれています。その人の内容をコピーして張ってもいいものか悩んだので、とりあえずみてみてくだい。
実は今すぐには買えないのですが私もゆくゆくs410をほし~~~と思っていろんなサイトを読んでいたときに見つけました。もしかった時はぜひ色々教えてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/138-92868ef3

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">