狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

ニンジンの種蒔き

ニンジンの種蒔きを行いました。

DSC_0057.jpg

品種は、ここんとこずっと同じでベーターリッチとDr-5。

どちらも種1粒ずつにコーティングを施してあるペレット種子なので、発芽が良く蒔く間隔は3cmくらい。

これぐらいな間隔にして間引きせずに育てているので、そんなには大きくならず丸ごと1本食べるにはちょうど良い大きさに生長します。

覆土は海砂や川砂と畑の土を使っています。砂を使い始めたのは、ニンジンの種が光好性種子で光を好むといことから、砂だと石英が光を透すので良いかも?という考えと、砂の粒が小さいので毛細管現象で水分を保ちやすいのではないかという考えからです。

DSC_0058.jpg

ここ何年かやっていますが、発芽率はそこそこ良いんじゃないかな?と思います。でも、1つ欠点としては種の下の土が透水性が悪いと水が溜まり種が地表面に浮いてしまうということです。これさえ気をつければ良いように思いますけど、もう少し検証してみないといけないでしょうね。

DSC_0059.jpg

今回は、畝12mに3列で約1000粒蒔きました。計算上は3.6cm間隔ということになりますね。

これで普通に発芽すれば、少なくとも500本くらいは収穫できるはず。

我が家は、ニンジンの消費量が非常に多いですが、半年間くらいで食べると考えればまあなんとか足るでしょう。

発芽は、約1週間後くらいかな。


スポンサーサイト

コメント

こんにちは
畝の長さが相当あるので直売所へニンジンを出荷すると思っていました。
自家製だと言うことで、ニンジンを沢山消費するんですね。

堆肥の発酵熱で芽出しをされているんですね。
話には聞いていましたが、上手く出来るもんですね。
私など考えもせず文明の利器を利用していますが
お恥ずかしい限りです。

いい苗に仕上げて下さい。

kazuちゃんさん

子供が1人1日1本を生で食べるので1日に2本と料理に使うので1日に3本勘定ですかね。それと両親用もあるので消費量が多いです。
直売所に野菜を出荷したいとも考えてはいますが仕事をリタイアしてじゃないと時間的に無理そうです。

温床は手間がかかるけどなかなか面白いので毎年やっています。でも、ちょっと油断すると高温障害が出るし、かといって低めで管理すると発育が悪かったりとなかなか難しいです。温室の中に温床を作ったら管理が楽そうなので場所が確保できたらやりたいと思っているんですが。

今のところヨモギナスは発芽も良くて順調に育っています。なんとか収穫までこぎつけたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">