FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

キジバトのかけ飯

猟期に、友達がハトのかけ飯を作るので一緒に猟に行った時には必ず、キジバトを獲って欲しいと言っていました。

先日、集めたキジバトでかけ飯を作ってもらったと言って、「キジバトのかけ飯」をくれました。

この鍋に山盛り貰いました。写真は食べてかなり量が減っています。


F1000289.jpg

こちら方面では、鮒ミンチとか牡蠣で同じような料理を作ります。

材料は、ゴボウ、サトイモ、ニンジン、ダイコン、油アゲ、キジバトで、しょうゆ味です。

キジバトは、骨ごとミンチにしています。

キジバトで作ったのを食べたのは初めてですが、癖になる味ですね。

何が癖になるかと言うと、キジバトミンチの骨です。

食べ始めは、骨が歯に当たるので嫌だなと思っていましたが、骨の味が病みつきになります。

なぜなのかわかりません?

これって、わたしだけ?

皆さんも是非一度作ってみてください。病み付きになりますよ!!たぶん?

スポンサーサイト



コメント

骨の食感が病みつきに・・・。
やがてそれはハトではなく○○へとエスカレート。
きゃ~ 怖い~。。。  あはは

美味しそうな鍋ですね。

しぇふさま

○○って○~ですよね?そうなるかもわかりません(笑)この料理を食べると、飴を噛むと歯の間に入り込み何時までも飴の味が残りますよね、それと同じ事に骨でなるんです。歯の間に入った骨の味が病みつきになりました。だまされたと思ってシェフも一度試してみてください。病みつきにならなかったら”だまされた~!”とコメントを入れて下さいね”あっ、そうですか”とコメントを返しますので(笑)

これはうまそうですね。私はミンチのいい機会を持ってないので(吸盤で張りつけるタイプで、刃はプラスチック、笑)、まず、道具を揃えないと!骨からいい味が出るんでしょうね。レシピ、いただきます。

トシベエさん

友達が美味しい美味しいといつも言っていたのですが、本気にしていませんでした(笑)最初の一口は、まあ食べれるな、くらいでした。歯の間に入った骨が取れなくて嫌だったんですが、時間が経つとその骨の味が妙に病みつきになります。何か変な薬でも入っているのかも?(笑)

ホネ

試しによーく出刃で叩いてから、すり鉢で骨が舌に当たらなくなるまで擦ってみてください。
絶品ですよ。
ウチはこれをヒヨドリでします。
豚骨ラーメンも骨からの旨味なんですよ!!

まっきーさん

その方法だと歯の間に骨が入らなくていいですね。
ジビエの料理方法にも長けていますね。岡山県に転勤の予定はありませんか?社長に頼もうかな?(笑)

フナ飯は先日ニュースでみましたよ
柳井原貯水池のフナでしたっけ?

キジバトでやるのもおいしそうですね

ハト味噌

実家の方では、キジバトの肉を骨ごと(手羽先や首などの柔らかい骨)を出刃でミンチにします。
これに味噌+卵+調味料で煮込みます。肉味噌ですな。
これをご飯にのっけたり、酒の当てにしたりします。

busby6898 さん

フナ飯を良くご存知ですね。柳井原の地区だけではなく周辺地区では、フナ飯が大好きな方が大勢居ます。時期になるとスーパーでもフナのミンチを売っています。芦田川周辺でも食べる方が居ると思いますが?
キジバトで作るのを聞いたのは今回が初めてです。

ルース2191

ハト味噌も美味しそうですね。同じミンチで2種類の料理が出来ますね。私のレシピノートに保存させてもらいます(笑)

岡山転勤

転勤はちょっと…。
出張くらいならなんとかなるかもですね。
川ガニさんからウチの社長にお願いしていただけませんかね~(笑)?

まっきーさん

出張ですか、料理の度に出張してもらうのも悪いような気がしますね(笑)
社長に、岡山県に支社を作れば販売と利益が倍増しますよと、そそのかそうかな?(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/140-a1703325

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">