狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

ハサミは使えねぇ

数日前に、駆除班員のNさんから電話で「今日は時間がある?イノシシが獲れたから撃ってもらえんかなぁ?」

ということで現地に到着、山に入る準備をしていると忘れ物に気づき、「あ、しまった!止めのナイフをわすれた、誰かナイフ持ってない?」と聞くと、私以外の3名とも持っていなとか。

最近は銃刀法の関係で、誰もナイフを常備しているものがいない。山に入るのだから持っていても問題ないように思うけれど、クレームを付けられると面倒ですからね。

仕方がないので、他に代用するものが無いかと探したところ、あったのは農作業に使っている短い刃先のハサミだけ。

現場で獲れていたのは、35kgくらいなメスイノシシ。良く太って脂もありそう。

DSC_0256_201505022330498e8.jpg

さて、この短いハサミでどうやって血抜きをやろうか?といってもやれるのは血管の動脈を切るしかないでしょう。

とりあえず皮を切らないといけないので、刺そうとするけど一向に刃先が入らない、土の中のものを切るのに使ったりしているので先は鈍いし刃も切れない。

でもまあなんとか皮は切り、血管を切ろうとすけど動脈が切れない。

DSC_0257_20150502233051099.jpg

何度もチョキチョキとやったけど血管が逃げているようで動脈からの血液は出てこない。

「もう諦めた!サッサと帰って内臓の処理をしたほうが良さそうだわ」と言って山から降ろし急いで処理施設まで運搬。

首を切って放血後、内臓を抜き出すが肝臓は血が抜けていない色をしている。

やはりハサミでの止めは難しいですね。でも、なんとかコツを掴めば・・・なんてことを考えずにナイフを忘れないようにすべきですわな(笑)


スポンサーサイト

コメント

無理とは言わないけど限りなく無謀なチャレンジでしたね(笑)

誰も持ってないってのがすごいですね…^^;
見回りでは必須だと思いますが。
誰かに頼らずに自分で処理できる人が増えないと困りますね。

あれこしぇふさま

そうですね、こういう場合はどう対処したらよかったでしょうか。ハサミで首を縦に大きく切って動脈を探して切る、なんてことも考えましたが。

オイノコさん

そういえば、うちの班は誰も持ち歩いていませんね。みんなまじめですから。
いやほんと!自分たちでやってもらいたいです。次に来られたら言ってやってください(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">