狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

イチゴとグリンピースを収穫

今年のイチゴの作付は例年の約1.5倍の数で、この畑には約100株ほどあります。

DSC_0262.jpg

日当たりが良い場所なので例年一番早くに収穫ができ、初収穫は5月4日でした。

今年は、収穫量の約3割くらいを何者かに先に食べられてしまっています。上がその食べ残し。

DSC_0275.jpg

犯人は、私の予想ではテンかな。我が家の愛犬テンではありませんよ、襟巻にするテンです。

ここでは先日まで敷地内で犬を飼っていたのでこういう被害はありませんでしたが、保健所が来て放し飼いのメス犬を捕まえて持ち帰り処分したため被害が発生しました。

敷地内に放して飼っていてもダメなんですね。周りに人家は一軒もないから何のトラブルも発生しないと思いますけど。

そういえば我が家も敷地内に放していますわ、門を閉めていますけど。でも、これもダメってことかなぁ。

なんだか保健所に被害の弁償をしてもらいたい気分ですわ。だいたい昔のように犬を放し飼いにしていたら鳥獣による農作物被害はこんなに多くならなかったでしょうに。

元来、犬を飼うっていうのは人や作物を守るという意味合いが強く、愛玩なんていう玩具扱いにするのはつい最近のことですからね。

鳥獣被害のもっとも有効な対策は、犬に本来の役目を担わせることではないかと思いますけど。


おっと、話がまったく別方向にずれました。

今年のイチゴは香りも良く甘みもあり、まずまずの出来です。

DSC_0283.jpg

もう一つ収穫したのがグリンピース、こちらは初収穫です。

DSC_0282.jpg

例年のように甘くて美味しいですが、今年は収穫量が少ないようです。

これから当分の間は、この2品目の収穫が続くでしょう。


スポンサーサイト

コメント

そうそう、犬が放し飼いされてれば、殆どの動物被害が防げるはずなのに・・・・
行政の脳みそバカヤロ連中が、自分たちの縄張り争いみたいな感じで、日本中どえらい被害ですわ~~
犬を放し飼い出来る運動でも起こしましょうかね~

採りたてのイチゴは一番旨いですね~~

kuma仙人さん

これだけ野生の小動物が増えたのは保健所が犬を大量処分したのが原因かもわかりませんね。
私が子供の頃には放し飼いの犬や野良犬がたくさんいましたが追いかけられたことはあっても咬まれたという話は聞いた覚えがないです。まあ人に危害を及ぼすような犬は放しませんからね。
日本では狂犬病の発症が何十年も無いわけですから最悪の結果はなくなったので何らかの基準をつくり放し飼いの許可を下すことを本気で考える時が来たように感じます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">