狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

毒にやられた!

日本ミツバチを自宅で飼い始めて2週間。

突然に蜂たちがもがき苦しみ死にはじめました。

DSC_0287[1]

最初に発見したのは午後3時頃。10匹ぐらいが瀕死の状態。

その後、夕方に見ると画像のようになり、総数で300匹くらいは死んでしまいました。

DSC_0294[1]

翌日も朝から死に始めそれが夕方まで続き、2日間で400匹から500匹は死んでしまったようです。巣箱内で死んだ蜂は、元気な蜂が飛んだり引きずったりして巣から離れた場所まで運搬するので総数を把握するのは難しいですが。

ミツバチを飼う上で一番心配したのが農薬(毒)と除草剤(毒)。

日本中でミツバチが激減した理由とされているので、その影響が無いと思われる市街地である我が家で飼いはじめたのに、まさかこんなことになるなんて。

日本ミツバチの活動半径は約2kmといわれています。我が家からだと市街化区域で住宅が立ち並ぶ範囲です。

そんな下で人体にも影響がある毒を広範囲に散布している者がいるということになります。

それは農家なのか、趣味で野菜や花を栽培している者なのか、学校などの公共施設で花を栽培している者なのか・・・

果樹農家であれば、受粉してくれるミツバチは守らないといけないという考えになる筈ですが、最近ではそんな考えをしている者は皆無でしょう。楽ができるといって除草剤を平気で散布しています。

でもこれだけ大量死するほどの規模でやっている果樹農家はこの近くでは思いつきません。もしかすると食用にしないので大量に農薬を使っている花栽培の農家、個人、企業、公共施設か。

巣箱までたどり着いているということは近くの学校か。学校の花壇では多くの花が咲いていますから、それに近くには幼稚園から高校までが何校もありますから。

でも、子供たちが通う学校で農薬を散布するなんてことは考え難いと思いますが、先生が言った衝撃的な発言があります。

「虫さんに野菜を食べられたので、お薬をあげましょう。」そう、農薬が毒という認識が無いわけです。体にも害があるということも知らないでしょう。こんな教育をしていていいのか。



いずれにせよ、このままではミツバチは全滅してしまいます。

翌日には、愛媛県にある我が家のミカン畑に移動しました。

ちょうどミカンの花が咲き始めたところです。

DSC_0325[1]

ここも安全な場所とはいえませんが、少なくとも我が家のミカン畑には農薬と除草剤散布はやっていませんから。

高齢化で他のミカン農家はほとんど止めてしまい残っているのは数軒だけ。同時期に花が咲くので100本以上ある我が家のミカン畑から出ない筈・・・出ないで欲しい。

DSC_0309[2]

強勢群ですから孫分蜂する可能性が高いので待箱を5基ほど用意しました。

DSC_0322[1]

巣箱の蓋を開けると、最初は例によってブンブンと周りを飛び回っていましたが、1時間もすると落ち着き多くのミツバチたちが採蜜を始めました。

DSC_0326.jpg

次に会うまで元気でいてくれよ!


スポンサーサイト

コメント

一転して別天地、素晴らしい環境になりましたね。
みかんの蜜がたくさんたまったら採蜜も楽しみですね。
ここなら幸せに暮らせそうです。
しかし、待ち箱たくさんありますね(笑)
よその分蜂群が入ってくれるかもしれません。
かえって楽しみが増えたのかも?(^^)

逃げるが勝ち!?

う~ん、農薬ですかぁ……
全国の愛蜂家がもっとも怖れる問題ですな。
敏感ですからねぇ、ハチたちは……

おそらく除草剤と思われますが、散布する人は有益な昆虫類にも致命的な
ダメージを与えることを認識していない人が大多数のようです。
日本ミツバチは路傍の小さな花に訪花することが多いですから、除草剤の
巻き添えになる可能性が高いですね。

除草剤はホムセンでも売っていますし、誰でも使用できます。
防御は……逃げるしかないってのが悲しいですね。

ところで、避難先は今頃ミカンの花ですか?
こちらではすでに散って、小さなミカンができています。

横浜のブロ友の所のミツバチも、何かの影響で死んでるみたいです
ミツバチは可愛いけど、スズメバチは可愛くないですよね~~
ミカンの畑で養生出来ると良いですね
御地は、クマがあんまし出没しない場所でしょうから、ミツバチ飼うには安心ですね
俺の近所は、クマをよけるのに頭を悩ませています

養蜂にはこんなネックが潜んでいるのですね(゜o゜)

驚いた!

自分も今年はミツバチ飼育にチャレンジしようと考えてたのですが、
今回の記事を読んで恐ろしくなりました・・・。

オイノコさん

蜂達にとっては良い場所だとおもいますが私としては観察ができなくなったので最悪です。ベテランなら何もかも知っているのでしょうが超初心者なので長い間接して経験を積みたかったです。採蜜かぁ、メッチャ楽しみですね。
待ち箱は何もかもに優先してたくさん作りました。実は1週間前にも来て待ち箱を8箱設置しています。総数で13箱になりました。1箱でもいいから分蜂群が入ってほしい。

自然薯さん

除草剤が有力ですか。なぜか草を生やすと白い目で見られるという風潮がありますからね。それより毒をまき散らすことをとがめる世の中になってほしいです。
え!もうミカンの実が付いているのですか!花も多くて蜂達には最高の環境でしょうね。羨ましい!

kuma仙人 さん

近くで被爆したから巣箱にたどり着いたのでしょうが、遠くだと途中で力尽きるので減ったのが分かり辛いでしょうね。
巣から離れたところに居るスズメバチは意外に大人しいように思います。でも、油断して刺されると大変ですからね。
クマは居ません。100kmくらい北に行けば居るかもわかりませんけど。熊対策は大変そうです。

あれこしぇふさま

養蜂で一番注意しないといけないのが農毒で二番目はオオスズメバチでしょう。何をするにしても色々な問題が発生しますね。

えーちゃん

え!ミツバチを飼うんですか?船の中で?(笑)
無人島で飼育すれば安心ではないかと思いますけど。でも、近くに置いとくと楽しいですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">