狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

タマネギの保存

葉が倒れてきたので晩生のタマネギを収穫しました。

DSC_0420[1]

植え付け時に施した元肥だけで追肥をしていないのに大きなものが収穫できてビックリ!

大きなものが収穫できると嬉しいと思われるかもわかりませんが、大きなものは早くから腐敗しだすので残念な結果です。

肥料はいつものように自家製の発酵肥料を使いましたが、試しにじわじわと効くナタネ油かすも与えてみたのが悪かったようです。

まあこんなこともあるでしょう。


でも葉色が薄いので肥料の効きすぎではなさそうですから、もしかすると長期に保存できるかもわかりません。

まあ成り行きをみてみますか。

で、保存方法は、まず茶色の皮を剥ぎ、根を切ります。

DSC_0419[1]

そして数個ずつ束ねて風通しのよい軒先に吊るして置くという一般的な方法です。

DSC_0421[1]

あ、そういえば、茶色の皮は剥きませんかね。

長期に保存していると茶色の皮の中にカビが生えたりするんですよね。なのでこうすると良いそうです。

以前にもやってみましたが、まったくカビが生えないということは無かったと記憶しています。

少しめんどうなので止めていましたが、何を思ったのか今回はまたやってみました。

やらないよりやったほうがマシということですから。

ちょうど良いサイズのものもあるので、大きなものから食べるようにしますかね。



スポンサーサイト

コメント

現代農業に載っていた保存方法で、玉ねぎの根っこの部分を包丁で切り落とした後食用の酢を塗っておくと長期保存が出来るとか聞きました。

ヒロポンさん

なるほど!酢を塗るのと塗らないので試してみます。ありがとうございました!また教えてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">