狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

大玉トマト

昨年と同様に今年のトマト栽培は、無肥料での苗作りから始めて、植え付け後も無肥料で栽培しています。肥料切れの様子も無いことから今だにいつもの発酵肥料は施していません。といっても、前作の肥料や表面には野菜くず等の肥料となりえるものはありますが。

DSC_0707.jpg

今までの経験では肥料過多になると茎が太くなったり穴があいたり、葉も内側に丸まったりして正常な生長はしなくなります。

今年は、生長は遅いですが上の画像のように正常な状態で生育しています。今のところ害虫の被害もほとんどなし。

大玉トマトの場合は1本立ちにして管理することが多いと思いますが、側芽を伸ばして2本立ちにしています。画像の左右がそれです。

それと苗は自根です。今のところ病気が発生した様子はありません。品種は麗夏、花にホルモン処理はしていませんが着果はまあまあですかね。

雨除けのトンネルをしていましたが、現在は先日の台風でビニールが破けたのでトンネルが無い状態。雨が降らないので実割れはなし。

収穫は真っ赤になる完熟まで待ってからです。完熟トマトはほんとうに美味しいです、これが食べれるのは家庭菜園ならではですね。

これから当分の間は、美味しい大玉トマトをいただけます。


スポンサーサイト

コメント

トマトのリコピンはやたら身体に良いとウチの管理栄養士が申しております(#^.^#)

あれこしぇふさま

ほほ~、毎日トマトを食べていると体調が良いと思ったら美人の管理栄養士さんのお墨付きだったんですね。今日も一日中カワウを追いかけて汗が滝のように流れ出ましたが体調不良にはなっていません。リコピンて凄いな~、て、そうゆうこと?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">