狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

ツユクサとカボチャ

自宅に咲いているツユクサ。結構、長い期間咲いている。

DSC_0939.jpg

時々、1匹だけ我が家の日本ミツバチが来て花粉を集めている。

DSC_0940.jpg

30mほど先に巣箱があるので、もっと多くのハチが来ても良さそうだけどいつも1匹だけ。

「あそこは花が少ないからお前ひとりだけで十分だろう」とかいう指示でもあったんだろうか。

ある程度花粉が貯まったら巣箱に一旦帰るけど、すぐに来てまたツユクサの花粉を集めている。

花粉の受け渡しにはそんなに時間がかからないみたい。

蜜を採っている様子がないけど、ツユクサの蜜は採らないのか?蜜が無いのか?

ツユクサに付いている花粉てほんの少量なのに採取しているけど、巣箱から数メートルの所で咲いているカボチャの花粉は採取していない。

DSC_0943.jpg

雄花が大きく花粉の量も多いのになぜ?

春に植え付けた自宅のカボチャはいまだに着果しない。

何度か雌花に雄花の花粉を付けて受粉したけど着果しないので放置。

そのうちにハチが受粉してくれると思っていたけどダメみたい。

なんかわからない事だらけですわ。


スポンサーサイト

コメント

我が家の蜂も20mほどのところにあるにらの花には1匹だけ通っています、同じ疑問で点検窓付の巣枠式でニホンミツバチを飼っている長老に聴きましたら花粉を集める蜂と蜜集めの蜂は役割がはっきりしているといっていました。
それと巣枠式で観察すると花粉や蜜を持ち帰っても受けり係の蜂は良質のものを持ち帰った蜂を優先して受け取り、まずいものを持ってきた蜂は待たされるのだそうです。
そこで各蜂は競って良質のものを探しに巣箱から遠くへ向かうのだそうです。
近くのかぼちゃには行かなくても遠くのかぼちゃにはたくさん通っているかも?です。

モモさん

おもしろ~い!機械的に蜜や花粉を採取しているのではなく好みもあるんですね。グルメな群だとハチミツがめちゃくちゃ美味しかったりするわけですかね。私も観察用に巣枠式を作ってみようかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">