狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

絶滅!

借りている畑の横で飼っている西洋ミツバチ、先日、オオスズメバチに襲われた記事を書きましたが、久々に様子を見に行くと予想通りあれから毎日オオスズメバチがやって来たようで粘着シートにはたくさんのオオスズメバチがくっ付いています。

DSC_0959.jpg

スズメバチ捕獲器にもオオスズメバチがたくさん。

DSC_0960.jpg

そして、巣箱を出入りしている蜂は、ほとんどいないようです。

2群が絶滅か?

もしかすると蜂が残っているかもわかりませんが、少数では冬を越せませんから。

あれだけ多くのハチが居た強勢群が、あっという間に絶滅。オオスズメバチ恐るべし!

これは他人事ではありませんからね。

自宅の日本ミツバチには、まだオオスズメバチは飛来していませんが、突如とやって来て大虐殺が起こるかもわかりません。


ところで、久々にこの巣箱を見ると気になるところが。

この巣箱は、長距離の輸送が可能なように前面や後面等に窓が付いています。蒸れ防止ですね。

定置したら窓は閉めないと蜜の香りが漏れてオオスズメバチに発見されやすくなるという記述を読んだことがあります。

春にこの蜂群を購入して持ち帰った時に、窓が開いていたので閉めていた方が良いみたいですよ、と飼い主に話して窓を閉めましたが、現在は全開。

もしかすると、これが良くなかったのかな~?


スポンサーサイト

コメント

まさに弱肉強食ですね(゜o゜)

野生の間同士で、弱肉強食してくれればいいのですが、間違いなく農家も自然の一部であるという証拠ですね
そう言う自覚を持って、農家をやって行くことが大事だと思います

開閉どっち!?

換気口(窓)は移動や、分割の際に閉じ込めるときだけ開口するのであって、
それ以外は閉じておく!という説と、いや、夏の暑いときは開口すべきという
説がそれぞれありますが私は巣門以外は常時閉めています。(西洋ミツバチ)

どちらがいいか判断はできませんね。(-_-;

ただ、ミツバチの保温能力と冷却能力(扇風、冷却水搬入)はかなりのものが
あるそうです。元来は閉鎖空間で生活し、湿度、高温、低温に適応するそうです
からそれを信じたいですね。

大スズメバチは蜜の匂いに魅かれるのか、幼虫・蛹の匂いに魅かれるのか、
はたまたミツバチ本体に魅かれて来襲するのか確定していないようですね。
どちらにせよ、他の昆虫が少なくなる秋口以降はミツバチは格好の獲物と
なるようです。2~3日前からとうとうヤツらがやって来ました。
ネズミ捕り用粘着シートを50枚用意していますから、全滅させてやります。 (-”-;)

あれこしぇふさま

食料にするために食べるだけ獲るというのならまだ許されるような気もしますが、噛み殺された蜂達はアリのエサです。何が目的で大虐殺をするのかわかりません。この粘着シートに次々にくっ付くのも何故だかわかりません。自然界はわからない事だらけですね。

kuma仙人さん

地球上のものはすべてが自然の一部の筈ではないでしょうか。人間だけが勘違いしているようにも感じます。農家も自然のバランスを考えたやり方をするのが本来の姿なのかも。と農家でないものがいっても何の説得力もありませんね(笑)

自然薯さん

西洋ミツバチはアフリカ生まれなので暑さに強く暑くないといけないと本に書いてありましたけどどうなんでしょう?そういえば夏場でも西洋ミツバチは陽の当たる場所に置いているような?
どちらにしても西洋ミツバチはオオスズメバチに襲われると巣箱から出て応戦するのが悪いですよね。巣箱の中に隠れていてくれたら被害は少ないでしょうに。
ついにオオスズメバチが来ましたか!今朝、私の巣箱の前に1匹のスズメバチと6匹くらいのミツバチが死んでいたので戦ったようです。本日は一日様子を見ていましたが、幸い他のスズメバチは来ませんでした。やれやれですが明日の朝が心配です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">