狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

採蜜

我が家の日本ミツバチから採蜜しました。

DSC_0025.jpg

少し肌寒い日が続き最低湿度が40%~50%台、蜜の糖度が上がり採蜜には良い気候です。

5段の巣箱の最上段で下面が上の画像、上面が下の画像、最上段は蜜の出し入れが多い場所ということもあり、空の巣房もありますが蜜はそこそこありそうです。

DSC_0026.jpg

最初は蜜蓋を切り重力で蜜を垂らしていましたが、時間がかかるので途中からは手で握って蜜を絞り出すという荒業をやり短時間のうちに作業は終了。

DSC_0027 (2)

2kgくらの採蜜量かと予想していましたが、3kg弱ほどでした。

作業中は蜜が手に付くので舐めばかり、今日は相当量をお腹に入れちゃいましたよ(笑)

DSC_0037 (2)

気になる蜜の味はといいますと、百花蜜ということで癖が少しあるのかと予想していましたが、癖がなく雑味の無い美味しい蜜です。

西洋ミツバチとは違いプロポリスを集めないから癖がないのでしょうね。

次に、最も重要な糖度はというと、80%でした!

DSC_0038 (2)

糖度が低いと発酵するので79%以上が理想の値です。

良い蜜が採れて嬉しい!


スポンサーサイト

コメント

わおー素晴らしい!
よい蜜が取れましたね~(^^)/
来年は分蜂でさらに3倍、4倍へ。
夢が膨らみますね。(#^.^#)

オイノコさん

湿度が下がるまで辛抱してよかったです。
え!来年は3倍、4倍?ゆ、夢のようなことを。でも実現すると嬉しいなぁ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">