狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

ブロッコリーは終わりに

昨年末から収穫し続けていたブロッコリーですが、防虫網を外したことで虫が卵を産み付け孵化し幼虫がモゾモゾとうごめきだしました。

これは黄色の卵。

DSC_1352.jpg


これはグレーの卵と孵化したばかりで濃い緑をした幼虫の塊。拡大するとなかなか気持ちが良い画像です(笑)

DSC_1354.jpg

葉や側芽から大きくなったものは全て切り取り茎だけを残しました。このまま放置しているとまた芽が出て大きくなるので、その状態を観察しようかと思っています。

でも、虫が卵を産み付けるとまた切っちゃいますけどね。

DSC_1359.jpg

拡大するとこんな感じでどれも茎が根元から曲がっています。成長期に支柱を立てて倒れないような処置を施していないのが原因ですね。

DSC_1357.jpg

でも、こうやって倒れると地面に接している部分から根が生えて養分の吸収が増え少肥料でも長く収穫が続きます。

まあ、いつものように放置プレーで栽培していると新たな発見があるわけです。几帳面な方には無理な栽培方法ですね(笑)

毎年、こんな感じで栽培を続けていますが、肥料といえば植付け時に元肥を施しているだけ。それでも毎年この時期までは収穫し続けていますから。

だいたい肥料を施さなくても植物は育ちますし、その方が美味しくて体にも良いし、環境にも優しいですからね。

ここんとこ、肥料無し、堆肥無、もちろん農薬、除草剤も使用しない自然栽培に移行しようかと考えているところです。

有機農法も肥料をやり過ぎれば化学肥料のやり過ぎと同じですからね。

2年ほど前に購入した果樹園では、購入後まったくの無肥料でたまに草刈りをするだけ。それでもミカン類、カキ類、なんてのは毎年実を付けています。

そろそろ肥料分が抜けたかな?と思える今年は初めて桃の実が付いたのを確認。収穫できるかどうかはわかりませんが、今後も
肥料を使わない自然栽培に徹するつもりです。

しか~し、野菜わねぇ・・・3年ほども収穫が途切れるのはちょっと困るんですよね。

肥料分が無くならないと、野菜の根と土壌微生物の関係が築けないらしくて、育ちにくいし病害虫にもやられるみたいです。農業も奥が深いですわ。

収穫できれば後は野となれ山となれで、肥料と農薬を使って決められた単純な栽培方法で収穫する方が日本人らしいといえばそうかもわかりません。

畑を増やすという手もありますが、昨年、借りていた畑を返したばかりですからね。

忙しくて畑の世話ができないという理由にしましたが、実際は、隣がブドウ園で農薬散布をするのでカメムシ等の虫が私の畑に逃げて大繁殖。

これは辛抱できますが、除草剤を私の畑の中まで散布して野菜を枯らしますからね。野菜が枯れること自体は辛抱できますが、枯れない野菜も土も除草剤を浴びていると思うと収穫する気にも畑に行く気にもならなくて放置プレーですわ。

何せ農薬も除草剤も、散布後すぐに消えて無くなり害は無いと信じていますからね。親切心でやっているわけです。

狙うは周りも耕作していな耕作放棄地ですね。肥料分は抜けているので自然栽培に移行し易いし、他人から余計なことをされる心配もない。

とまあ、仕事が忙しくて畑にもなかなか行けないのにこんな事ばかり考えている毎日ですわ(笑)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">