狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

タマネギの収穫

タマネギを収穫しました。といっても草しか見えませんが。

DSC_1456.jpg

草を刈るとそれらしき物体があるような・・・

DSC_1457.jpg

右でサツマイモを植えているのがこの土地の山全体を持っている方の畑です。

普通の神経の方だと自分の畑がこんな草山になっていれぼ良い気持ちはしないでしょうね。

というか、それが分かっていながら草山にしている私の神経が異常だともいえますが。

ま、それはそれとして・・・(笑)

今年のタマネギは地域全体か、それよりも広い範囲かもわかりませんが、病気(べと病?)にやられて大凶作。

葉が枯れて生育が止まったものばかりで、まともなものは誰も作れていないそうです。

本業の仕事やあれこれと携わっている仕事が忙しくて数ヵ月も畑に来ず、久々にこの畑に来て地主の方と話をすると「今年はタマネギがべと病で残滅じゃわ、病気になっていないのはあんたのだけじゃあ、草の中に生えとるけん病気に罹らんかったんじゃろうなぁ」とのこと。

そう言われて見ると、私の畑のタマネギは葉が枯れていませんが近くにある地主のタマネギは枯れています。帰りに他の畑のタマネギも気にしてみると、なんと!どこもかしこも枯れて全滅。

草が生えていたからなのか、肥料を施していなかったからなのか(無肥料)何が幸いしたのかはわかりませんが、結局のところ収穫したといっても、これが最大級であとはこれよりもちっこいものばかりですからね。

DSC_1467.jpg

良かったのか悪かったのか判らないな、と思っていましたが、本日、野菜炒めで食べてみると、さすが無肥料ですエグミが無くて美味しい。

DSC_1468.jpg

もしかして、いままで作った中では一番かも、でも、収穫量が少なすぎ。

こんな栽培方法でも生長するものから種を採り、それでまた栽培すれば病気に強くて肥料が少ない土地でも生長するものになってくるそうです。

無肥料栽培では、種採りが最も重要だそうですから。

F1だけどこのタマネギから種採ろうかなぁ?


スポンサーサイト

コメント

計算通り!

病気の流行もそれを防御する対策もすべて謀の中。
さすが!教祖川ガニ様。

じゃんさん

その通り!すべてお見通しですわ、わっはは~・・・なんてことは無くて、仕事が忙しくて肥料をやるのも草の管理をするのも時間が無くてできなかっただけですわ。ついでにこれを機会に無肥料栽培をやろうかと考えていますが、どうなることやら。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">