狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

カワウ調査

カワウ対策の一環で、カワウの行動調査を7月10日の午前5時30分から1時間の間で行いました。

DSC_1538.jpg

高梁川漁業共同組合の全役員が、担当地区にて飛来数等のカウントを行い、行動のパターンを解明し対策に役立てるためのものです。

私は支流の小田川が担当、現地には30分くらい前に到着、時間待ちの間に2羽通過しましたが、調査時間内には1羽通過したのみ。

日の出が4時59分だったので、おそらく日の出前から行動を始めていたのでしょう。

中上流域のコロニーからの出入りは、6時くらいまで頻繁にあったようです。

今回のデーターを整理すればこの時期のカワウの行動パターンがある程度解明できるかもわかりません。

次回は、今回の結果を基に、調査場所、調査時間帯、人員配置等を見直しして行うことになると思います。

今までは駆除を中心にカワウ対策を行ってきましたが、河川内での生息数の減少にはあまり繋がっていないというデーターが出たので、今後は実質的に河川内での被害を低減させる対策方法行うべきでしょう。

コロニー、ねぐら、エサ場の調査は継続して行い、次回の行動調査は、秋季頃かな?


スポンサーサイト

コメント

以前、兵庫の揖保川へよく鮎釣りに
行ってたとき、空が明るくなり始めたら、
数十の川鵜の編隊が、下流側から、
上流に向けて何隊も飛んでました。

こちらも川鵜を何とかしたいのですが、
市の農林の担当が去年から代わり、
被害の受付が厳格になったのか?
出動要請がありません。
漁協組合長もあきれてます。

坪ちゃんさん

日が昇る頃が移動の時間帯なんでしょうね。

カワウの駆除に対しては国が10年間で半減という目標なので駆除許可が下りないというのはおかしいですね。担当者の怠慢でしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">