狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

発酵肥料作り

昨年度の発酵肥料作りは、材料を揃えただけで時期を逸してしまい結局作らず。

昨年は、無肥料や少肥料で栽培してみましたが、畑の土質と状態により出来が良かったり悪かったりで土の重要さがよく理解できました。

自然農法とか自然栽培とか、無農薬で無肥料の野菜を定期宅配で注文して食べ比べも継続中です。

送られてくるものは、ほぼ美味しい野菜が多いですが、稀には口に合わないものもあり、色々と考えさせられます。

そして今後の栽培方法ですが、畑の様子を見ながら無肥料や小肥でやってみようかと考えています。

少肥ということで米ぬかを少量使ったりしましたが、野菜の風味が少ないものもあったので、やはり発酵肥料の方が良いだろうということで、発酵肥料作りを再開することにしました。

材料は、魚粉、カニガラ、黒糖、米ヌカ・・・

DSC_2235.jpg

それと、油かす。

DSC_2237.jpg

今回は、ナタネ油かすが売り切れだったので、綿実油かすを購入。

値段は2~3割高くらいです。

DSC_2234.jpg

作り方は例年通りで、米ぬかに麹菌を混ぜて水分調整。

DSC_2239.jpg

その他の材料を混ぜて水分調整し、積み込みました。

下部は加湿にならないように、落ち葉とクンタンを敷きます。

DSC_2236.jpg

上部にワラを積み、その上からビニールと絨毯を被せます。

DSC_2240.jpg

積み込み完了。あとは発酵するのを待つだけ。

DSC_2241.jpg

仕込んだのが、12月31日。

4日後くらいから温度が上がり始め、最高で60度くらいになりました。

積み込みから12日後に攪拌して空気と水分補給。

甘い臭いと醤油の香りが少しします。

思っていたよりも乾燥していたので、もう少し早く切り返しをやった方がよかったようです。

DSC_2276.jpg

再度、積み込み。

DSC_2277.jpg

これからは、納豆菌が繁殖→乳酸菌を散布→酵母菌を散布で完成は3月くらいかな。


スポンサーサイト

コメント

毎度毎度感心します。その情熱はパパである実感から湧き起こるものなのでしょうか?

いやはや本当に尊敬しますわ(^_-)-☆

あれこしぇふさま

そう、パパだから子供達の健康の為、という使命感があるからです!
しぇふもパパになってこの使命感を分かち合いましょう(爆)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">