狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

温床の経過

温床が稼働してから20日ほどになった2月25日(土)に、温度が30度くらいに下がって来たので、撹拌して空気と米ヌカの補充を行いました。

DSC_2454.jpg

温床に種を入れたのが2月15日くらいだったので、10日後の苗の様子ということになりますが、手前から、カラーピーマンは1粒だけ発芽していません。

DSC_2462.jpg

その上右のこどもピーマンも1粒だけ未発芽。その左が三豊ナスで8割くらい発芽かな。

その上のKazuちゃんと言われるブロガーの方から頂いた種をもとに自家採取したヨモギナスも8割くらいかそれ以上の発芽率。

一番上の今年購入したヴィオレッタ・デ・フィレンツェというナスは低発芽率で40%くらいと書いていましたが、発芽は遅いけど現在のところ70%以上のようです。

このフィレンツェは、3年ほど前に怪しげな個人のネット販売から購入しましたが、発芽が悪いかもわからないという予想をして30粒購入しました。そしてその結果、発芽が1粒で発芽率3%、予想が的中!その1本から種取をして翌年に育てましたが、側枝が出ないという姿になり今回新たに種の購入をしました。

下の画像は、トマトとミニトマト。

DSC_2463.jpg

下がミニトマトで、発芽率100%。

その上が、大玉トマトの麗夏と桃太郎ファイトで、それぞれ100%と83%です。


作業後の翌朝には、温床内の温度が55度まで一気に上昇して翌日には60度まで上昇。

ところで、朝にこの作業をして、その後、会社で別の作業をしていると、午後3時ごろから体調不良になり、自宅に帰り横になっていましたが、悪寒が激しくなり高熱が出そうなので、着替えて布団に入り寝ていました。

すると、予想通り一気に38度を超え、まだまだ上昇しそうな気配に。ついにインフルエンザに罹ってしまったと確信して熱に耐えていました。

その後、39度を超えた辺りでそれ以上に体温が上がらなくなり最高点に到達。40度超えを覚悟していたので一安心しました。

でも、数日はこれくらいの体温が続くのかと思っていたら、夜中にずいぶん楽になったので体温を計ると38.5度くらいまで下がっていました。

そして、翌朝の日曜日には37度になり、寝ているのも暇なので頼まれていた河川調査報告書の校正を夕方までやって体温を計ると平熱に。

何だったんだろう?

おそらく、温床の撹拌の時にマスクをしていなかったので、舞い上がる土着菌が大量に肺の中に入り込み、それが肺に悪さをしたのではないかと思います。作業後に急に咳き込み出しましたから。

菌を甘く見てはいけませんね。

みなさんも、温床を撹拌するときには、マスクをしてから行うようにしょう。


スポンサーサイト

コメント

サウナで発汗!

熱が上がったけど、温床サウナで一汗かいてサッパリ!
翌日は平熱に!!すごいぞ、温床サウナ♪
これで特許取って大金持ちだ♪♪♪

というオチだと思っていました(笑)。

じゃんさん

最近は、そんな気の利いたオチが思いつくほど精神が安定していませんがな(笑)
オフ会で気分が晴れるような話を聞かせてください。ところで、幹事はだれ?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">