狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

初めての鶏

今日は、買った兵庫地鶏の解体をします。

DSC_2632.jpg

野生のヤマドリ、キジ、カモ等は、何百羽も解体しましたが、なんと!鶏の解体は初めての私。

イノシシは、飼育している個体の内臓を処理したことがありますが、内臓自体と肉質、脂が別物ですからね。

食べ物や環境が異なると、同じ動物でも全く違う体質になるということです。

これは、人間も同じだと思いますよ。

話がそれました。えーと、何の話題でしたっけ?・・・

・・・

そうそう、で、鶏も野生のものとは異なります。と、言っても内臓は入っていませんでしたけど。

まあヤマドリとキジも異なりますから、別な種類の鳥類と考えれば当然ですね。

解体途中の写真は撮り忘れましたが、もう1つビックリしたことがあります。

この個体、雛の時に指で押さえたのではないかと思われる形に胸骨が大きく変形していました。

野生の鳥では、骨が奇形になっている個体を見たことがありません。

そういう個体は自然界では生き残れないということでしょうね。

鶏の解体1羽でいろいろと勉強になりました。

その後、から揚げにして頂きました。

DSC_2634.jpg

エサや育て方ににこだわった鶏なので、強い鳥臭や変な臭いもなく美味しく食べれました。

この猟期は、久々にキジとヤマドリが豊猟の年だったのに一度も出猟せず鶏食べてるなんて、やっぱブログのタイトル変えないといけませんね(笑)


スポンサーサイト

コメント

最近のベッカム

ご無沙汰しています。ベッカムはいよいよ弱ってきましたが、愛玩犬として家族に愛されています。素晴らしいブリタニーありがとうございます。 主治医の獣医さんで写真を撮ってもらいました。:)http://kiki2000.at.webry.info/201701/article_20.html

岸しゃんさん

白一色に見えるほどオレンジ色が薄くなりましたね。
父親のパルは2年前に亡くなりました。16歳でした。
可愛がってくれてありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">