狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

プチオフ会

埼玉県からアレコシェフが我が家に来られるということになり、近県のオイノコさんが参戦してプチオフ会を開催しました。

数年?振りということで他県で参加できそうな友人にもお声がけしましたが、急な提案と平日ということが重なり参加者が少なくてプチです。

しかし、少人数でも話が弾み、「白桃の袋掛けを体験しよう」という提案があったにも関わらず忘却してしまい、我が家で食事をしながら、なんと!約12時間も話しっぱなし。

DSC_2827.jpg

話は、近況報告から現在における狩猟を取り巻く問題点やら各地の現状、銃砲、ジビエ料理、農法、等々のマニアックな話題が満載。

DSC_2833.jpg

高齢者の領域に一歩足を踏み入れた感があるシェフと私ですが、まだまだお互いに元気でこれからも精力的に行動ができそうで安心しました。

オイノコさんは、若いだけあって夢があり羨ましいことです。

まだまだ話し足りませんが、時間はあっという間に経過して閉会。

野生動物による農作物等の被害が急増し、その対策で狩猟を取り巻く行政が急変しています。

一般狩猟者や都道府県、市町村の担当部署もその対応についていけない感があり、国の指針があるにも関わらず全国的にバラバラな基準を作り、戸惑ったりドサクサに紛れて不正が起きたりしているようです。

趣味の狩猟と許可捕獲を同一化していると感ずるのは私だけではないでしょう。

一般の方々が、狩猟に理解があった昔々から、嫌悪感を抱いていた近年、そして趣味ではなく業務として理解を示しだした現在。

狩猟者の立場からして、それが良いことなのか悪いことなのか・・・

頭で理解しているだけの行政主体ではなく、各地の現役狩猟者から生の声を聞いて今後の方針を考えていくことも重要ではないでしょうか。

そういう意味においては、こういった座談会のような集まりを定期的に行なうことも有効なのかもわかりません。

と、屁理屈を言って、またオフ会を開催してやろうと目論む私(笑)

DSC_2832.jpg

次の幹事はあなただ!


スポンサーサイト

コメント

今回は参加できずに残念でした。
はい、たまには狩猟を取り巻く環境に関して真面目な話がしたかったなぁ!!

じゃ、次回の幹事はオイノコさんということで(笑)♪

シェフもあっちこっちと凄い活動量ですね~~ とってもかないません(笑)
許可捕獲と狩猟 やってる本人がその区別や意義をわかってない人が多くて・・・
私自身、そういう人たちと許可捕獲をするのが嫌で、現在一歩引いている状態です
はっきり言って、狩猟で成果を上げられないので、楽に捕れる許可捕獲で狩猟を楽しんでいるという感は否めないですね
駆除本来の目的は、被害軽減などであり、被害者の利益保持となるのに、現在の駆除は、駆除者の利益につながっている感じですね
もはや、猟師の為の駆除捕獲となってる気がしてなりません

じゃんさん

私的にはじゃんさん家に行きたいと思っているので次回はそちらで、と言いたいところですが、私んちの家族の許しが得られるかどうか・・・また相談しましょう。幹事はオイノコさんね(笑)

kuma仙人さん

シェフって行動力あります。次の日はまた別の場所で懇親会をやったのではないかと思います。

許可捕獲と言っても地域特性により考え方が異なるようですから、同じ指針のもとに行うのは無理があるのかもわかりません。
真面目に駆除をする者は、行政にうまいこと使われているという感じ受けますが、見方を変えれば旨い汁を吸っていると見えるかもわかりませんね。kuma仙人さんちがもう少し近ければ伺って色々と情報交換をしたいところです。

お世話になりました。突然決定の訪問にも関わらず本当にありがとうございました。うなぎも明石焼きも最高でした<m(__)m>

オイノコさんのスーパーシュール打法をリアルで見てみたいものですね(笑)

しぇふさま

外遊びが何もできませんでしたね。次回は何か捕りましょう(笑)
そして止めはオイノコさんにお任せで(爆)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">