狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

スイスチャードの種取

昨年の秋に初めて植え付けたスイスチャード。収穫して食べましたが、結構美味い。

購入した種は、数が少なくて高価。種取ができるかも?と考えて収穫せず畑に少し残して置きした。

春になると、他の葉物野菜は花芽をつけましたが、スイスチャードはなかなか花芽を付けません。

種取できないのか?と思いましたが、とりあえずそのまま放置。

すると、初夏頃に細い枝に小さな花が多数咲いたのを確認。

そのまま、また放置して昨日確認したところ、こんな様子です。

DSC_3117.jpg

なんと!食べれそうな葉が並んでいるではありませんか!なぜ?

そして、人の背丈ほどに伸びていた花芽は倒伏して、細い枝の先に種らしき粒が無数に見えます。

DSC_3116.jpg

何本か切り取って種の様子をみることに。

DSC_3108.jpg

切り取った枝の太い部分には、新しく芽吹いて葉が生えていますよ。

種と新芽が同居しているアブラナ科の野菜のようです。実際は、ほうれんそうと同じアカザ科ですが。

種らしきものはカチカチになっているので、枝からこそげ取ってみたところ・・・これ種ですよね。

DSC_3112.jpg

一粒から2~3個の芽が出る種。

ほんとうに発芽するのかな?発芽試験でもしてみますか。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">