狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

子犬の訓練(12)

休日の訓練風景です。

また、抱卵中のキジを見つけました。

抱卵中のキジは匂いが取り難くくて、見つけることが難しいと言われていますが、今回も出会いました。

繁殖の妨げになるかも解らないので、見つけて欲しくはないのですが・・・





キジのオスと対峙する様子です。

段差と草で、お互いの姿はみえません。しかし、さすが猟犬の子犬、キジが居る事を感知してポイントしています。





キジの雛が居るのか?子犬に追われ警戒音を発しながら飛んで逃げるメスキジです。



スポンサーサイト

コメント

見入ってしまいました

3動画を見入ってしまいました・・・・テンちゃんすごくいいんじゃないですか?
特に2番目の見えないキジに匂いでポイントするのは、高度な事なのではないでしょうか。
先日まで、キジ以外にもポイントしていたと思いますが、今はきちんと目標を理解してるんですね、あっという間に成長するんだな~、川ガニさんの訓練の成果を見られて光栄です。初めてブルトンの子犬の最初の訓練から猟デビューまで見届けられそうでワクワク♪
それからキジの鳴き声が何度も入っていたので、これでやっと山に行った時には聞き分けられそうです。
躍動感溢れるRUN!テンちゃんの仕事ブリが今後も楽しみです

参考になります

なかなかブリタニーを見られないうえに、猟をやってる色々なブリタニーを見れるので、とてもありがたいです。うちのと比べるとポイントが長めで、動きがゆったりしています。うちのは体がとても小柄で体重も10キロしかなく、動きがせわしないです。成犬のポイントの感じが撃てそうな雰囲気でとてもいいですね。川ガニ様の子犬の方はレンジが広ろめなのかな?こちらも、良い犬になりそうですね。
キジのなきごえの時のレンジの件、とても参考になります。キジ用のレンジっぽくても、山の検索の仕方を教えればやまどりに使えますかね?色々練習をしてみて、今年の本番を楽しみに待ちます。ちなみに今年の15日は土曜日ですよ。

猟犬

家庭犬の我が家はもし猟犬として迎えたらどうだったんだろう
なんて山を走らせたりすると思います。
3月に牛窓に行った際、塩田跡地で走らせた時は尚更思いました。
テンちゃん、着々と進歩しているのですね。
目的を持って仕事することは犬にとって幸せですね。

いいですね!

う~ん、とても子犬の動きには見えませんね。今猟期に早くも活躍してくれそうですね(笑)。
ブリタニーは多頭引きをされないということなんですが、ポインターは子犬をベテラン犬と一緒に出して猟芸を覚えさせるようなこともします。いい犬と一緒に猟をさせることで進歩も早いようですね。

ブリタニーはやっぱりポインターとは走り方が違いますね。後ろ足の蹴り方がブリタニーの方が力強いですね。

キジの卵もみつけられるんですね!凄いよ~!テンちゃん!
もう実猟いけますね!猟期ていつからはじまるんですか?今から楽しみ~^^
動画もよろしくですよ~☆
ブリって走る能力凄いですね!疲れを知らないというか。。(笑)

ニライママさん

テンちゃんは、常に見えないキジに対して匂いで反応していますよ。
動画は、画質が悪くてわかり辛いですね。もし、お気に入りの場面がありましたら、メールに添付して送ります。
ちなみに、3動画ともキジにポイントしてフラッシュさせています。カッコ悪い場面は、アップしません(笑)
私的には、ヒネキジに相対するかなり良い映像があるのですが、撮影時間が長いからなのか?何回試してもアップできません。マニアックな映像なので、猟犬を理解している人しか理解できないとおもいますが。

たけさん

10キロですと少し小柄ですね。でも、小柄のブリタニーにも猟の名犬は多くいますから特に問題ないでしょう。小柄な犬は、棘の多いグイの中でも、潜って行けますからね。
我が家の犬は、どれも気力があり、持って生まれたレンジは広めですね。でも、映像のように飼い主中心に狩るのでそれを感じさせないと思います。
今までの経験上で言えば、キジの訓練だけしておけばヤマドリ猟には十分に使えると思います。ヤマドリ猟はキジ猟の捜索に比べれば、荒いですからね。
初猟は、土曜日だったんですね。鳥猟は横並びから始まるので、ハンディがなくて公平ですね(笑)

こねこねママ さん

牛窓の塩田跡地で走らせたことがあるんですね。テンちゃんを初めて走らせたのはそこです。
あの場所は、キジも居るので訓練が出来ますよ(笑)
金曜日にこちら方面に来られるというのは、そこですかね?

まっきーさん

狩猟は、主人との連携プレーで成り立っていますから、それを訓練する事が重要だと考えています。ですから、できるだけ親犬と一緒や子犬同士での訓練はしないようにしています。
ブリタニーの場合は、獲物を取り合ってしまい、運搬能に支障をきたす場合が多いので、猟期にも1頭引きにしています。ポインターとは性格が違うんでしょうね?

ボンジュールママさん

え~と、正確には卵を見つけたのではなく、卵を抱いているメスキジを見つけたということです。画像が鮮明ではないので、メスキジが飛び立ったのが解り辛いですね。
主人中心に捜索して、匂いにも敏感に反応していますから、今の状態でも実猟でキジを獲ることは可能です。でも、もう少し的確にキジの側臭に乗って跡を付けたり、キジとの距離感の把握ができたらもっと良いでしょうね。
鳥猟の猟期は、11月15日からです。ビデオを写しながら銃を撃つのは難しそうです(笑)何か良い方法はないでしょうかね?

 川ガニ様 始めまして!こちらにお邪魔します。ブルトン・ニライ号の飼い主@パパです。(夫婦揃ってすみません)当方のブログもいつもご覧いただきありがとうございます。
 最近は『狩猟民族の館』を拝見するのが楽しみです。そうそう、川ガニさんのブログを発見したのは、私なのですよ!
 テンちゃんを自分の愛犬、ニライに置き換えてしまっている自分…でもそれがなんともいえず楽しいのです。
 動画だと訓練の様子が良く伝わってきて、とても参考になります。と同時にやってみたくなり、銃所持の許可を申請してしまいそうです(笑)
 動画といえば、You Tubeに、フランスのケランルアン犬舎の動画がアップされています。同犬舎は、川ガニさんのブルトンたちの故郷に当たるのでは?訓練の様子もあるようです。ブルトンの中でも、実猟に長けた犬舎の動画も面白いかもです。

 長くなりましたが、またお邪魔しますね。

ニライパパ さん

いらっしゃいませ。こちらこそ、いつもコメントを頂いており感謝しています。
ニライとテンの体型は似ているように見えますね。それに、ニライの走りは、ストロークが長く蹴りが良さそうなので、それも似ていると思います。ただ、違うのは猟犬として育てているかどうかだけですね。ニライのポイント姿を見るたびに、どんな猟芸になるのか訓練してみたいな、と思ってしまいます。
ケランルアン犬舎の動画がアップされているんですね。探してみます。猟友達とフランスから種犬を輸入する話をよくします。今の所、オスはパルが居るのでメスですが、パルもそろそろ歳なので、オスも良いかな?とか考えています。でも、検疫の関係で難しそうですね。

ケランルアン犬舎の動画

ヒネキジと相対する画像・・・・マニアックと聞いたら絶対に見たくなりました。いつかアップされるのを心待ちにしております。

パパの追記:ケランルアン犬舎の動画は、
http://jp.youtube.com/watch?v=TeS4z8u_LTM
等です。沢山アップされていますが、私のお気に入りがコレということで(笑)
フランス語ができればな・・・としみじみ思います。

ニライママ さん

マニアック映像は、やはりアップできません。途中で、”サーバーが見つかりません”の表示になります。
ケランルアン犬舎の動画、探していたんです。その最中にブルトンの色々な映像があり楽しめました。
ケランルアン犬舎のホームページもあるんですね。じっくりと見てみます。
ありがとうございました。

明日は・・・

明日は塩田跡地に近い所に行きます。
そこでまた走らせたいと思っていたんですが、
雨のようだし、一泊するので次の日雨が降ってなかったら
なんて思いますが、へびも出てることだしどうなるか・・・

こねこねママ さん

雨の日は、気温が低いのと天敵のタカが飛ばないのでキジがノンビリとしていて、訓練には最高の天候です。って、猟犬の訓練に行くわけではないですね(笑)
そう、一番嫌なのはマムシです。人間は長靴ですから良いですが、犬は素足なので噛まれます。気を付けてくださいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/210-d0a32d3a

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">