FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

サマツ採り

梅雨に入ってから、あまり雨が降らなくなりましたね。

それまでに降雨が頻繁にあったので、引き続きサマツ(マツタケ)の生えが良いようです。

降雨の数日後が良いのですが、良い条件と都合が良い日が揃いません。

雨が降っていないので条件は悪いのですが、休日にお誘いがあり数時間ですが、今年初のサマツ採りに行ってきました。

入山してすぐに友達が見つけて、「これはサマツに間違いない!」、と言ったので写真を撮りました。

F1000604.jpg


被さっている松葉を取り除くと、サマツが現れました。

F1000605.jpg


小ぶりですが、間違いなくサマツです。良い香りがします。

F1000606.jpg


数日前に、巨大なサマツを採った場所です↓(写真を撮っていたので、この記事と一緒にアップしようと思っていたのですが、送信方法が悪いようで、いまだに送られてきません)

F1000607.jpg


本日は、写真のも意外に極小を1本の計3本だけでした。

条件が悪かったので、こんなものでしょう。

まだまだ生えそうな様子です。一雨欲しいですね。

スポンサーサイト



コメント

いいですねー、秋の味覚先取りですね。
いや、毎年この時期に生えるのなら、梅雨の味覚でしょうか。

ルース2191 さん

今日のように蒸し暑いと、土瓶蒸しとか炭火焼、スキ焼などの定番料理が欲しくならないのが難ですね。
他の人はどんな料理で食べたのか聞くと、汁だそです。なにか高級感を感じないサマツ料理です。やはり秋が似合いますね。

簡単に見つけたように書かれているけど、素人には難しいんでしょうね。
味わってみたいけど、山も、見つける能力も、金もないので、
諦めましょう(^^;)

以前書かれていた、マテガイなら子供と一緒でも捕れるかな?

ダイチャン さん

サマツを見つけるのは、私も含め素人には難しいと思います。名人の友達は、あれば直ぐに見つけます。なんと100g8万円くらいするとか、とても買えません。
マテガイは簡単ですから、誰にでも捕れますよ。子供は喜ぶと思います。でも、最近は人が多くて、マテガイが怯えているのか穴から出にくいようです。

見つけ方

匂いですかね?
昔偶然に見つけたときは、松林の中で匂いがしてどこだ?どこだ?とそこらじゅうを引っ掻き回して発見しました。
一度見つけたら、そこらへんには毎年生えるので絶対秘密の場所ですよね(笑)。

まっきー さん

匂いもあるようですが、1本採っているとその匂いで、わけわかんね~状態です(笑)
地面の盛り上がりで判断しているようです。それに、過去に生えた場所は必ず確認します。何十年も本気で採っていると、生える場所が感覚的に解るのかも?
友達は、特に秘密にしている様子がなく、いろんな連中を誘って採りに行っています。まっきーさんでも、連れて行ってもらえますよ。

コツ教えてください!

1枚目の写真では全くわかりません。この前クロマツ林でとても良い匂いがしたので懸命に探しましたが見つけきらなかったです。今度サマツの匂いを移した布を貸して下さい。うちのラブに教えてサマツ探知犬にします(笑)。

セラヴィさん

1枚目の写真は、地面が少し割れて盛り上がっています。地中のタケノコと同じです。
巨大サマツだと野球のボールが入っているくらい盛り上がっているそうです。
サマツがあると、地面を手で触るとその部分が硬いですよ。
サマツやマツタケを探すポインターが居たそうですが、地中にある小さいのまで足で掻いて出すそうです。食べれないと言っていましたし、犬が食べるそうです。サマツにポイントするラブを作出してください(笑)
サマツの匂いを移した布ですか、食べてしまったので、出たのでよければ(爆)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/212-65cfbb76

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">