FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

大分サミット開催(Ⅲ)

食材は、主にそれぞれが獲ってきた品々でした。

「ニンニクの茎の浅漬け」、「森林鶏の砂肝のジャーキー風」、「シバエビの自家製佃煮」、「青梅のピクルス」、「有害鳥獣駆除のインドクジャクの肉」、「チリのカルメネール・カヴェルネ・ソーヴィニョン」、「エゾシカの肉」、「生きたウシガエル(食用ガエル)」、「天然岩ガキ」、「イシガニ」、「野生のマガモ、カルガモ、キジ」、「天然ウナギ」、等々と数々のお酒です。お酒の中には、自家製のものもあります。

調理に使われる、卵、生クリーム、ヤギ乳も自家製です。

そして野菜は、無農薬、有機栽培で作ったものです。



これは、埼玉から飛行機に乗って来た「食用ガエル」ちゃんです。

IMG_3441.jpg


「インドクジャク」なんていう、超レアものもあります。

F1000647.jpg


瀬戸内海には居ない、「天然岩ガキ」です。デカイ!

IMG_3393.jpg


あまり珍しくも無い、「マガモ、カルガモ、キジ」のジビエと少しだけ大きい「天然ウナギ」です。ウナギは2つ折れの状態です。

IMG_3478.jpg


ヤギ乳です。私は、牛乳を飲むとお腹がグルグルと言い出しますが、これは飲んでもまったく変化なしです。

これがヤギ乳の特徴かな?と思わせる味はありますが、特に気になるものでもなく、飲みやすく美味しい乳です。

このヤギ乳を熟成させた、自家製食品を数々試作しており、それを試飲しました。

ヨーグルトは、非常に美味かったのですが、その他の得体の知れない熟成乳は、初めての味で食品といえるのかどうか解りませんでした。

でも、さすがに世界各国を旅行してきたシェフは、これは○○の味だから大丈夫、もう少し熟成したほうが良いとか、アドバイスをしていました。

何千年もの昔から乳製品を発酵させ、食品として来た原点がここにあるのだと感動しました。

ちなみに、私の健康状態に変化はありません。やはりあの発酵乳は食品と言えるようです(爆)

IMG_3433.jpg


調理された、カエルちゃんです。シェフの調理は丁寧でしたね。

IMG_3449.jpg


カモの調理風景です。私が調理したものに手を加えて、丁寧に処理していました。

なるほど!と感心してばかりでした。

IMG_3404.jpg


ジビエのソース作りと焼き方を講習して頂きました。身近にある材料で、フランス料理のソースが出来る事にビックリ!

IMG_3420.jpg


どうですか!この巨大岩ガキの美味しそうな事。こんな大きな岩ガキが採れるまっきーさんて凄い!

IMG_3412.jpg


これが調理された料理の数々です。

例によって料理の名前は覚えていないので、映像だけです。

IMG_3415.jpg


上の映像以外にも、次々と調理された料理が出てきます。

カエルちゃんもあります。

IMG_3455.jpg


エゾシカも。

IMG_3431.jpg


そして、カモもあります。

IMG_3426.jpg

ジビエ料理は、今までの概念が覆るほどの味でした。やはり、ジビエ料理専門店のオーナーシェフ&職業ハンターならではの料理です。ジビエの性質を知り尽くしていますね。


シャンパンの開け方、注ぎ方の講習もありました。

IMG_3419.jpg


これは、次の日の昼に残った材料でシェフが作った料理です。メチャ旨!

IMG_3454.jpg


今回の大分サミットでは日程的な問題で、予定していた猟場の散策ができませんでした。

山並み的には、キジ猟場という感じの低い山(丘)的な場所ばかりで、ヤマドリが付きそうな良い場所が確認できませんでした。

それに、河川敷は狭くキジが付きそうにもない状況でした。

大分県には、アカヤマドリが居る筈ですが、もっと南の宮崎県境当たりに居るのかも解りません。

途中に通ってきた四国の山は大きくて傾斜があり、谷筋がいく本もある山ばかりでしたので対照的でしたね。

僅かな距離しか離れていませんが、山が作られた年代がまったく違いことは一目瞭然です。

でも、狩猟するのに、こんな楽な場所に鳥獣がワンサカと居るとすれば、間違いなくパラダイスですね。

次回は、その当たりを重点的に調べてみたいものです。


今回の「大分サミット」は、大成功に終わったと思います。

ブログで知り合った共感できる仲間達、それは実際会っても変わることがなく、ネット上での見せかけだけの人たちではありませんでした。

今後もこういったサミットを開催して、共感できる仲間達の輪を広げていきたいですね。

今回集まった面々です。

大分サミット


埼玉のジビエ料理店アレコレーノのオーナーシェフ、私がブログを始めるきっかけとなった大分の「食いしん坊漁師魚(肴)話」のセラヴィさんとセンチョーさん、福岡の食品会社研究員のまっきーさんです。


スポンサーサイト



コメント

ありがとうございました(^^)/

川ガニさん、みなさん、今回のお誘い本当にありがとうございました。
とても楽しかったです。

川ガニさん、カエルちゃんのお味はいかがでしたか?
次からは川漁の対象魚にしますか?

素晴らしい食材をありがとうございました!

最高の食材が揃ったおかげで、シェフも思う存分腕が振るえたことと思います。大変美味しくいただきました。感謝感謝です。
大分の山も是非案内したかったのですが時間があっという間に過ぎ去っていきましたね。あの後山に入ったら、コジュケイが「川ガニさん、もうかえっちゃったの~♪」と鳴いていました(笑)。
あの得体の知れないお酒は次回のサミットまでしつこく熟成させますので、またまた味見宜しくお願いします。あ、でもお腹の具合は責任持てません~~(爆)。

まっきー さん

まっきーさん、お世話になりました。
カエルちゃんは、癖も無く美味しく頂きました。これも、1日くらいでも熟成すれば、もっと美味しくなったのかも解りませんね。
私が漁をしている川では、流れがあるからなのか、まったく見かけません。やはり、池とか水路のような比較的流れが少ない場所が良いのでしょう。
見つけたら捕って送ります(笑)

セラヴィ さん

私が処理したジビエは自己流なので、プロのシェフが処理したものを食べて見れば、私の処理方法のランクが確認できたかなと、後から思いました。残念なことをしました。一度は埼玉まで食べに行かないといけないですね。
コジュケイは、数が少なくてこちら方面では見かけなくなりましたが、とっても美味しいです。コジュケイが大量に居るのなら魅力的ですね。あれって、低く飛ぶので散弾では撃ち難いですし、空気銃だと生態を把握していないと獲れなさそうです。
お酒は飲めないって言ってるのに味見さすんだから、でも、少し興味があるのでシェフが判断した後に飲みます(笑)

素敵

ジビエ大好きです

鴨肉美味しいですね
処理が楽しいです

ryuji_s1 さん

ジビエって飼育している家畜にはない濃厚な旨みがありますよね。でも、処理が悪いと臭くて2度と食べたくなくなります。
処理の良いジビエとジビエを知り尽くしているシェフがいれば、3星レストランでも食べられない最高のジビエ料理を味わう事ができます。この幸せを皆さんにも分けてあげたい!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/219-6cf76522

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">