FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

フランス料理Ⅱ

前回と同じ、近くの「ビストロ・ヴォナ村」にフランス料理を理解する為に、食事に行ってきました。

前回と同様、あまり目立たない看板と店なので、危うく通り過ぎる所でした。

8.110001.jpg


店内は、堅苦しくない感じで、おじさんでも気軽に入れます。

8.110002.jpg


本日は、夏季限定コースとフランス何とか産鴨のコースです。

限定という言葉には、そそられますな~。


スープは、カボチャとニンジンですが、前回より、美味しいカボチャでした。

8.110003.jpg


前菜は、えびとアーティチョーク?の何とかでした。

アーティチョークって、学校の先生が使っていたアレの親戚かな?そんな事はないか。プロレスのワザの一種かも?ってそれもちがうな~。正体不明。

夏向きなあっさりとしたお味で、私好みです。少し塩を加えた方が良いかなって感じでした。
テーブルには、カリカリ回すと出る塩があります。

8.110004.jpg


メインの鴨にトリフのソースです。

とても食べやすい鴨料理ですが、野鴨(ジビエ)を食べなれている私は、どうしても比較してしまうので、満足感が感じられなかったです。

飼育鴨と野鴨とは、こんなに違うものかと、あらためて感じました。秋には、ジビエ料理があるのかな~?今度聞いてみよっと。

味付けはそんなに濃くなく、良かったです。

左端の野菜は、タマネギですが、甘くて変わったモノでした。

8.110006.jpg



夏季コースの魚と肉料理です。

どちらも、フランス料理らしい?濃いソースでした。

イトヨリの上に乗っている、削り節のような物は、何だかわかりませんでした。

8.110007.jpg



肉は牛バラ肉で、よく煮込んであるのでトロトロでした。

ビールが欲しいって感じです。

8.110008.jpg



デザートのシャーベットです。左が黒糖、右がバナナです。

黒糖は、私好みですね。バナナは、完熟バナナの香りで、私好みではなかったです。

8.110009.jpg


ビンに入っているのは、コーヒーゼリーでした。

文字の部分は、前回とは違う人が書いたようです。←ど~でも良いことですね。

8.110010.jpg


コースを注文すると、パンのおかわりは自由です。ご飯もありますよ。

次は、何を食べよかな~

スポンサーサイト



コメント

美味しそう

素敵なお料理を食べられましたね(^^)v。写真からは正統なフレンチのような印象を受けます。地元にこんな素敵なお店があると言うのは財産ですね。

シェフ、いらっしゃませ。こちらのお店の料理は、正統なフレンチなのですか?
なにせ、田舎者ですからそれすらわかりません。こちら方面は、関東方面と違って、薄味の料理が好まれますので、フランス料理のお店は非常に少ないと思います。
以前は、洋風料理のお店で美味しいお店が何軒かありましたが、最近は、ファミリーレストラン全盛ですね。時代は繰り返しますから、以前のような手の込んだ温かみのある料理が食べれるお店が人気になるかも。

お料理おいしそう~♪
でも、野鴨(ジビエ)の方がもっとおいしい、ってうらやましい♪
ぷらこっても、食べてみたいなー
川ガニさんも、あし@してみたんですね。
というわけで、今回は足跡経由で来てみますた(笑)

ぷらこってさん、いらしゃいませ。
ジビエは、飼育物にはない旨みが詰まっています。
一度食べたら病みつきになりますよ。
本物のジビエ料理を食べさせてくれる、数少ないお店の一軒が、コメントを戴いている「シェフ」のお店で「アレコレーノ」といいます。検索するとホームページがでますよ。
シェフはハンターですから、本物のジビエが、お手ごろな値段でいただけます。
お近くでしたら、是非一度伺ってみてください。
あっ、そうだ、ぷらこってさんと同じで、非常食のネコちゃんも飼ってますよ(笑)


見た感じはトラディショナルなフレンチに見えますよ。シェフは50代以上の方なのでは?ぶらこってさんはじめまして。非常食の猫はとても上質な肉になるよう美味しく育てています(笑)。

シェフ、このお店のオーナーは、フランスでの修行経験もあるそうなので、それが料理の基本になっているのかも。厨房の中が見えにくいので年齢は良くわかりませんが、息子さんが二十歳くらいと思います。ぷらこってさんは、ネコ鍋が得意ですよ(笑)

フレンチの本場で修業。まさに王道ですね。尊敬致します。

シェフ、おはようございます。日本での修行とフランスでのそれは、やはり違うのでしょうね。
慣れと年齢の問題なのかもわかりませんが、私は、フランス人にはなれそうにもありません。毎日食べるのは、ちょっとキツイですね。秋に、本場のジビエ料理が食べれることを期待しています。

現在では日本のフレンチ界のほうが本国よりも進んでいると、フランス人のシェフたちが言っているようですよ(^^)v。

う~ん、田舎者で味音痴の私には、レベルの高すぎるお話ですね(笑)
メタボリック症候群にならないフランス料理に、ってことですかね。

ステキなお料理ですね
飼育の鴨でも良い味を出せるようです、

ryuji_s1 さん、いらっしゃいませ。ブログを拝見しましたが、凄いレシピの数ですね。全てに目を通すには、何日もかかりそうです。
お勧めの鴨を一度食べてみたいですね。

川ガニさん
有り難うございます
今後もよろしくお願いします

ryuji-s1さん

これからも期待しています。
宜しくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/23-f14dcab9

鴨背肉のロースト

青森のシェフ桑原さんが作っている鴨です、新鮮でとても美味しい鴨肉を提供しています。鴨の独特の味と香りをそのまま提供します。 鴨ロース(むね肉)フレッシュ500g (2枚)【...

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-10 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">