狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

イノシシの柵(5)

今朝も朝早くから農家の人の電話で起こされました。

「大きなイノシシがオリに入っている!」と興奮した声が聞こえます。

え~、また~↓

昨日も夜遅くまで獲れたイノシシの処理や調理をしたばかりです。

今日のはオスで、体重が60kgはありそうです。

IMG_3662.jpg


IMG_3664.jpg

地元農家の方がイノシシを食べたいと言われていたので、電話をして要るかどうかの確認をしたところ、要るとの返事なので血抜きだけ済ませておきました。

IMG_3666.jpg

今日は、処理と調理をせずに済みましたのでラッキーでしたね~。

できれば、電話はもう少し陽が昇ってからにしてもらいたいです(笑)

イノシシを刺して農家の方が引き取りに来るのを待ってから帰りましたが、2人来た農家の方はとても興奮している様子で少し笑えました。

2人では重くて運べないとか言って、他の方を呼びに行ったりと、なんだか大変そうでしたね~(笑)

農家の方にとっては、今日は大イベントになりそうです(笑)

今日の桃の収穫は後回しになるのかな?美味しい清水白桃が熟れすぎになるかも(笑)

イノシシが柵に入っているのを見つけた農家の方は、普段は片方の足が痛くて普通に歩けなかったのに、その時には興奮していたので普通に歩けたと言って自分でビックリしていました。

朝早くに起こされて行くのは少し嫌でしたが、とても笑えた1日の始まりです。


イノシシの駆除数は、これで7頭目となりました。

もう少し間隔を開けて獲れると嬉しいな~、と贅沢な事を言っています(笑)


スポンサーサイト

コメント

一大イベント

たぶん農家の方にとっては楽しいお祭りでしょう!
こういうのってなんだかとてもいいですね。

それにしても、立て続けに獲れるっていうことは
「ここ2週間様子を見ていたけど、何も怪しいことはないな…。」
って猪の警戒心がなくなってきたからですかね?

まっきー さん

立て続けに獲れる理由は、イノシシが美味しい桃の虜になってしまったという事でしょうね~。危険だとは解っていても、柵に入って食べずにはいられないのでしょう。人間界の数々な誘惑に負けて、柵(刑務所)に入る人と同じ心境なんでしょうね。ブタ箱ってイノシシの柵の事を指しているのかな?

ご無沙汰です。いやあ、イノシシ獲れてますねえ。羨ましい限りです。農家の人の興奮ぶり、想像できて笑えます。

シシが檻に近づいて入る瞬間が撮影出来たら面白いですね。
農家の人は駆除してくれてその上シシ鍋も出来るのですから大喜びですね(^^)

トシベエ さん

こちらこそ、ご無沙汰してます。ブログは拝見しているのですが、忙しくてコメントを書かず失礼致しています。
昼からも柵の修理やエサやりをしていたら、農家の方が来て私のことを褒めまくり、最後にイノシシをまたくださいといっていました。イノシシを差し上げたら、いきなり良い人になったようです。イノシシの力は偉大だ!(爆)

シェフ さま

お~、その映像は見てみたいですね。それと作動用の糸を噛み切っているイノシシの姿も見たいです。
イノシシが近づいたら、作動する仕掛けのビデを持っていないですかね。設置したいな~。ついでに、猪泥棒の姿が映ると楽しそうです(笑)

農家の人はシシ鍋、私は生ハムで大喜びです(笑)

生ハム用のもも肉が届きました。桃の香りがしますね(←うそです)。

これから毛を一本一本手で抜きます。皮付きで仕込むことによって仕上がりに深みが出ます。イノシシは皮付きが特に良いですね。こんな生ハムは日本ではおいらのところでしか作っていないと思います。失敗がないよう慎重に作りますので乞うご期待!

シェフ さま

やはり桃の香りはしませんでしたか(笑)

毛抜きの様子を見てみたいですね~。生ハムの出来上がりが楽しみで~す(嬉)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/233-c56b3497

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">