FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

狩猟採取民族的フランス料理

福岡から送って頂いた自ら潜って採取した岩ガキとマダコ、それに有害駆除で獲ったイノシシを使ったフランス料理を、鴨方町のフランス料理屋さん「ビストロ・ヴォナ村」で食べてきました。

オードブルは、マダコ、サーモンの燻製、イベリコ豚の生ハム料理です。

夏向きな料理で美味しかったです。私は、タコのジュレが特に気に入りました。

F1000698.jpg

サツマイモのスープは、コクがあって美味しかったです。

F1000699.jpg

メインの1つ目は、超美味な巨大岩ガキのグラタンです。

これは他所では食べれないんでしょうね~。感激!

F1000701.jpg

メインの肉料理は、左が白金豚、右がイノシシのロースです。

F1000702.jpg

白金豚も美味しかったですが、イノシシは最高に美味しかったです。

今の時期のイノシシは、臭くて食べれないという方もいますが、それは地域のエサ事情で違うようです。

解体している時から全く無臭でしたが、料理になってもそれは変わらず癖は皆無です。

それに肉の柔らかさと旨み、脂の甘さは、他に類をみないくらいのお味でした。

恐るべし、ピーチイノシシ!!!


最後にデザートです。いつもと変わらず美味しい!

F1000703.jpg

右端のリンゴに似たものの中身はチョコレート等々でした。

F1000704.jpg

貴重な食材と手の込んだ料理に大満足でした。


ごちそうさまでした。



スポンサーサイト



コメント

あいかわらず美味しそうなメニューですね。ジビエは冬だけなんて言う話は最早通用しませんね(^^)。

よだれが・・

あー食べたい。
夏バテ気味で冷たい炭水化物しか食べられなかったのですが、このお料理を見たら食欲がでてきました。
ピーチイノシシがお風呂に入っている写真は衝撃でしたが、綺麗にしてもらってお皿にのって、美味しかったらイノシシも幸せですね。

うまそうですぅぅぅぅぅ。

へぇ、岩ガキのグラタン!!
これはビックリです!
ピーチ猪も美味しそうですねぇ。
今は晩ご飯前なので、ヨダレじゅるじゅるでーす。

いいないいな~

よかったです。
久しぶりに、普通の画像ばっかりで(笑)
切り身になってたら安心するっていうのが
おかしいと言えばおかしいのですが。
ええっと、これらの料理と一緒にお酒飲みたいな。です。

何事も

先入観と浅薄な知識で決め付けちゃったらいけないということですね。グルメ本に頼らず自分の舌で判断する、それが一番です。

シェフ さま

夏場には、山にエサが少なくイノシシが痩せているというのが、昔からの言い伝えのようになっていました。でも、里に下りてきたイノシシは農作物主体の食性になったので、こんなに脂がのっているのでしょうね。
先日、東部の猟師仲間との雑談でも桃畑に出没するイノシシは、今の時期に脂がのっていると言っていました。
シカも夏場には脂がのっていますので、ほんとにジビエは年中美味しく食べれるようです。

小隊長 殿

クーラーの効いたお店で美味しい料理を食べると夏バテ解消にもなると思いますよ。兵長と仲良く如何ですか?
お風呂に入っている写真が衝撃的だったとよく言われました。私的には、これなら大丈夫かな?と思って載せたのですが、自分の家のお風呂に入っているのを想像するんでしょうかね?怪談話を聞くより涼しくなったのでは(笑)

まっきー さん

タコもそれぞれの料理で熱の入れ方が違い、それによって味も変わっていて楽しめました。
岩ガキも最高でしたね。もう1個食べたかったな~(笑)
ピーチイノシシは衝撃的な味ですよ。イノシシのワイルド感がなく洗練された女性のイメージです。人で例えると、まっきーさんの奥さんのようです。ってお会いしたことないのでイメージですけどね(笑)

もも さん

ご存知のように狩猟民族の館ではグロイのが普通の画像で、これは特殊な画像ですよ(笑)
お酒を飲みながらこの料理を食べると最高に美味しかったです。私の場合、ノンアルコールですけどね(笑)

セラヴィさん

このピーチイノシシを食べるまでは、肉に味がないとか脂が臭いとか何か落とし穴がないかと不安でしたが、そんな心配はまったく不要なことでした。最高に美味でしたよ。
ハンターは自分の経験や先輩猟師の話が、猟の本質だと思い込んでいる意固地な人が多いので、このピーチイノシシの美味しさを素直に認められない人がいる思います。狩猟は奥深いですね~。楽ち~~い!!!

いえいえ

兵長のエゾシカ猟の時、内臓をとる手伝いもしたことがあるので平気です。
内臓をとった後、身体を冷やすのに雪を詰めたりするので、といってもマイナス20度の極寒の地ですでに冷凍庫の中にいるようなものですが、兵長と2人で「イノシシのお風呂って始めて見たね。」と、興味しんしんでした。


小隊長 殿

猟の手伝いもされるとは、さすがハンターの奥さんの鏡ですね。
今の時期は気温も水温も高いので、イノシシの体温を下げる為にお風呂の水を3時間ほど出し放しにしておきます。水温が低い井戸水があれば良いのですが、適当な場所にないんです。沢なんかに浸けておくと葉などのゴミが肉に付いたり、魚が入り込んで食べたりと衛生的にはあまり良くないので、この方法をとっています。猟友のを借っているので、水道代はタダです。ちゃっかりしているでしょう(笑)

うちのブログにも載せてありますが、ジビエはエサが豊富でストレスの無い時期のほうが肉質は安定していると思います。ジビエに関してはとかく迷信が多くてハンターの話はどれが本当の話なのか良く分かりませんね(笑)。

でも飼っている鶏のエサを極端に減らして毎日脅し続けてみれば、真冬のジビエと同じ条件になるはず。はたして肉質が低下しているか向上しているか・・・。

あはは。答えは考えるまでもないですよね。夏のジビエは美味しくないと言うのははっきりとした誤りだと思います。

違法でなければ夏キジや夏鴨で実証してみたいところですね(笑)

シェフ さま

ほんとにジビエは奥が深いですね。
この状態なら、1年中猟期にしても良いのでは?と考えさせられます。
季節ではなく環境によってジビエの状態が決まるという事なんでしょうね。
夏キジや夏鴨も食べてみたいですね(笑)確か、夏鴨は脂が乗って美味しいと誰かさんが言っていたような?○○き○さんだったかな???(爆)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/236-8f58f461

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">