狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

イノシシの柵(9)

今朝6時頃に農家の方から電話で「イノシシが3頭入っとるよ」と連絡がありました。

行ってみると、日当たりの良い場所なので、日陰になる所で寄り添っているウリ坊が3頭いました。

IMG_3721.jpg

大きさはブリタニークラスで、体重が15kg前後のようです。

まるまると太っています。

IMG_3723.jpg

この大きさはでは作動糸に触れないので、親と一緒でないと獲れない筈です。

おかしいな?と思って柵の中をよくみると、右端にあるススキの茎が柵の中の作動糸付近にに垂れ下がっています。

どうも、そこをウリ坊が通ったので、ススキの茎が作動糸に触れて扉が閉まったようです。

柵の管理不足が原因ですね。

そこまでの予測が出来ていませんでした。

柵の管理もなかなか難しいです。

こんな事の繰り返しで、徐々にイノシシ柵の管理方法が理解できて、イノシシが獲れるようになるんでしょうね~。

まだまだ、お勉強は続きます。

スポンサーサイト

コメント

箱ワナ

本日ワナを設置しました。
ところが、以前頻繁に出没していたイノシシも、このとこをまったく気配無し。
駆除というより、予防線みたいな物です。

ルース2191 さん

とうとう箱ワナを設置されたんですね。イノシシの気配が無いのは餌場が変わったんですかね?どうもエサがあっても定期的に餌場を変えるような気がします。油断できないですよ。箱ワナで獲れた時は嬉しいですが、後の処理が大変ですね。

お世話になります。

そのうちの一頭は本日解体しました。
初めての経験で大変勉強になりました。意外と簡単に毛など取れました。
ありがとうございました。
猪と違って脂は少ないですね!肉質は子牛のようにピンク色でした。
味はまだ食べてません!

vonnas さま

忙しい時期に持ち込み申し分け合りませんでした。その延長で大きなイノシシも解体できます。これでイノシシの解体もOKですね。今度は150kgくらいな大物が獲れたらフランスの様にお店の前にぶら下げておきます(爆)

それにしても

すごい数の猪がいるものですね。でも大分も負けてません(笑)。昨日早稲米にミステリーサークルを発見し、住宅のすぐ横の雑木林にヌタ場発見しました。罠仕掛けさせてくれないかな~~。

セラヴィさん

今までは毎年ウリ坊ばかり獲ってきたので、数が減らず増える一方だったようです。いくらでもイノシシが居るって感じです。
早稲米に付いているイノシシは、他のエサに見向きもしません。このままでは柵で獲れそうにも無いので、くくりワナを設置しようかと考えていますが、餌場の近くでは良い場所が見つかりません。良いエサが見つかったら教えて!!!

ペーシュ・ド・マルカッサン!!

大変いい経験をさせて頂きありがとうございました。
肉は最高ですね!ももは生ハムを作っていますまだまだ時間がかかりますがまたお知らせします。
期待せずに待っててくださいね。
失敗したら黙っときますから(笑)

vonnas さん

肉質は良かったようで、安心しました。これってお店で食べれるのかな?
生ハムは期待していますよ(笑)

残念です。すいません!

あっという間に無くなりました。
と言うか焼いて食べれる部分が非常少なくてすぐに無くなりました。
前足は煮込み用かテリーヌ用に冷凍してます。
後ろ足は生ハムに!どうなるか楽しみです???期待しないでくだい(笑)
あと二匹は食べられたんだと思っていました。すいません!
私も切れ端しか食べてないんですが、非常に美味しかったですよ!
でも親の方が食べ応えがあると思いますが!脂も美味しいです。

vonnas さま

ウリ坊は肉が少ないですからすぐになくなりますね。早く言っとけば良かったな~。
ウリ坊はまだ一切れも食べてないので、今日獲れたものを食べてみようかな?調理して持ち込むかも?

いいですよ!

早めにどうぞ!
頭のゼリー寄せ!(フロマージュ・ド・テート・ド・ペーシュ・ド・マルカッサン)は残っていますから是非是非お待ちしています。あとわずかですよ!

vonnas さま

それでは、これから解体します。時間があれば明日にでも持って行きます。
よろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/247-b8b79cd0

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">