狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

スッポン釣り?

今日は、仕事が忙しくて行かれなかったスッポン釣りに行く予定で、朝のうちに仕事を済ませ、用意をして川に行くと、ごらんの通り・・・舟は陸の上 ショック


他の仲間の舟は・・・水深の深いところに移動していた !?

携帯で、水深を確認すると2.77m、ダメだこれは。朝には、2.9m程あったのに NO 

IMG_1230.jpg


仕方がないので、今日は、川舟の紹介をします。

左が木造舟、右がFRP舟です。

水深が浅い所でも通れるように、底板が薄く出来ています。ミズスマシのように水面を滑るように走ります。

と言うことは、風にめっぽう弱いのです。その為、木造舟は重く造られ、水の中に少しでも入り込むようになっています。

他にも、操船しやすいなど、色々と木造舟の利点はありますが、最近は、FRP舟が主流となっています。

その第1の理由は、メンテナンスが殆ど必要ないことです。

木造舟の場合、水が漏ったりしますので、毎年、舟底の補修と塗装が必要となります。

要するに、ナマケモノに向いてるのが、FRP舟と言う事ですかね。これでもうお解りですね、私の使っているのは、右の舟です(笑)



うぅ~、こんな面白くない、舟の説明などする予定ではなかったのに・・・・・やはり、お盆に殺生をしようと言う考えがまずかったのかも・・・・・神の怒りに触れたか?

次は、ふつ~の日に、仕事をサボって行って来ま~す!←こりないヤツ


スポンサーサイト

コメント

すっぽんがいるなんて最高の環境ですね。うらやましい!

スッポンは川、水路、池など、どこにでもいると思いますよ。
問題は、臭くなく美味しいか否かですね。
カエルのいる池に小亀を放流して、大きくなったら捕って食べるのはどうでしょうか。
在来種ですから問題ないと思いますが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/26-385e0f27

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">